FC2ブログ

少壮吟詠家審査、東日本地区大会

吟剣詩舞振興会
01 /09 2017
日本吟剣詩舞振興会 が主催する
第45回 全国少壮吟詠家審査コンクール東日本地区大会が
1月9日に、品川区スクエア荏原にて開催されました。

上手な方たちの吟が聴きたくて、昨年に
続いて、今年も聴きに行ってきました。

出場者は、東京、群馬、神奈川、栃木、新潟、
千葉、福島、山梨、埼玉、茨城、宮城の各都県から
54名の予定でしたが7名が欠場され、47名でした。
このうち30名が入賞し、3月5日の第45回
全国少壮吟詠家審査コンクール決勝大会に出場されます。

指定吟題は、つぎの15句です。
 生田に宿す   菅 茶山
 時に憩う    良 寛
 楠公子に訣るるの図に題す   頼 山陽
 壇の浦を過ぐ   村上仏山
 涼州詞   王之渙
 山中幽人と対酌す   李 白
 秋 思   許 渾
 胡陰君を尋ぬ   高 啓
 偶 成   横井小楠
 礒浜望洋楼に登る   三島中洲
 奥羽道中   榎本武揚
 青葉の笛   松口月城
 西宮秋怨   王昌齢
 村 夜   白居易
 漢 江   杜 牧

最後の講評で、
発音では47名中、28名が満点だったとのこと。

調和では、出場の前に深呼吸を何回もして、
息を整えて詠いだし、目線を遠くにもっていき、
遠くに届くように声を出す。
全体的に練習量が足りないように思われた。
練習していく中で自分の吟声を作りだし、
呼気のコントロールをしていく。
伴奏との調和・強弱のリズムにのるように心がける。

総評では、全体的に感動が伝わってきにくかったり、
転句になると不安定になったりすることがあった。
十分に呼吸を整え、リズムにのり、
文節のつながりを大切にする。
マイクは身長に合せて調整しマイクに声をよく吸収させる。
番号札はまっすぐにつけ、指を動かしてリズムをとらない。
よく響く、歯切れの良い、芯のある声を出すよう心がける。

・・・というようなことでしたが、私なりのまとめのため、
聞き違いや、解釈違いなどがありましたら、ご容赦下さい。

わが師匠である松岡萠洲先生は、大会副会長、
審査委員、審査結果の発表をされていました。

≪第45回 全国吟詠家審査コンクール東日本地区大会≫で
インターネット検索をしてみましたら、
こちら が 出てきました。
22番で吟じられた 綾香さん、5番目での
入賞、おめでとうございました。



     日本吟剣詩舞振興会
   第48回全国吟剣詩舞道大会







スポンサーサイト



第48回 全国吟剣詩舞道大会

吟剣詩舞振興会
11 /04 2016
11月29日、30日、日本吟剣詩舞振興会が主催する
第48回全国吟剣詩舞道大会 が 日本武道館でありました。
詳しいことは 後日 こちら で報告されることでしょう。
        
私は武道館に行ったこともありませんでしたが、
萠洲流の大先輩 Oさんのあとについて参加しました。
チケットを入口窓口で座席指定の券に変えてもらって
一階席の前の方に座ることができました。
        
 ・吟詠と津軽三味線
 ・外国人による吟詠・剣詩舞
などのあと、特別企画≪すいしん≫がありました。

盛唐の詩人、李白(701年~762年)と
杜甫(712年~770年)とのつながりを通して、
ふたりの人柄や生き方、詩の背景などが
わかりやすく盛り込まれていて
私にはとても興味深い内容でした。
        
二日目の30日には式典のあと、
全国各地から49チーム、1715人の方々が参加され、
全国吟詠合吟コンクールがあり、わが師匠である
松岡萠洲先生も審査員になっておられました。
各チーム35人ずつの迫力ある、みごとな合吟!
49チームの審査をされるのは、さぞかし
難しく、大変なことでしょうと思いました。

幼少年・高校生・全国コンクール優勝者らによる
吟や舞もあり、見ごたえのある大会でした。
        
第49回 全国吟剣詩舞道大会は、
来年の11月4日(土)、5日(日)とのことです。

大会運営にご尽力、ご出演下さった皆さま、
二日間、楽しませていただき、ありがとうございました。







全国吟詠コンクール決勝大会を見に行きました

吟剣詩舞振興会
09 /20 2016
昨日、日本吟剣詩舞振興会が主催する
平成28年度 全国吟詠コンクール決勝大会があり、
昨年に続いて、今年も 見に行ってきました。
プログラムに 来場歓迎・入場無料 と 書いてありました。
 
全国大会2

開場9時より少し早めに着き、すでに かなりの席が
埋まっていましたが、見やすいところに座れました。

幼年、少年、成年、一般三部の競吟のあとの昼食休憩後に
これら各部の審査結果の発表がありました。
そして、一般一部と二部の競吟があり、休憩のあと
河野正明審査委員、益中鵬山副会長、
菅原道雄会長からの講評があり、そのあと
一部と二部の審査結果の発表がありました。
審査結果の発表は、わが師匠、松岡萠洲先生でした。

出場者で誰ひとり知っている人はいませんでしたが、
幼少年から70・80?代まで、さすが、全国から
選び抜かれた方たちで、実におみごとな吟でした。

出場された皆さま、大会運営にご尽力下さった皆さま
一日、楽しませていただき、ありがとうございました。









続きを読む

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?