FC2ブログ

令和2年度 コンクール10句の模範吟

コンクール
08 /23 2019
来年の3月22日(日) 地域のコンクールがあります。
北多摩二区吟剣詩舞道連盟 《吟詠コンクール大会》です。

平成31(令和元)年度の指定吟題10句は
こちら でご覧いただけますが、

2019年8月23日 に、
令和2年度 コンクール指定吟10句の
松岡萠洲先生による模範吟がありました。

7015 320
『絶句編』と 『続絶句編』 約280句の中から

寒夜の即事       寂室元光 
かんやのそくじ     じゃくしつげんこう

赤間が関舟中の作       伊形霊雨
あかまがせきしゅうちゅうのさく     いがたれいう

立山を望む     国分青甲厓
たてやまをのぞむ    こくぶせいがい

易水送別     駱 賓王 
えきすいそうべつ    らくひんのう

楓橋夜泊     張 継 
ふうきょうやはく    ちょうけい

山 行      杜 牧
さんこう      と ぼく

桶狭間を過ぐ       大田錦城
おけはざまをすぐ     おおたきんじょう

八幡公       頼 山陽
はちまんこう      らい さんよう

九月九日山東の兄弟を憶う     王 維
くがつここのかさんとうのけいていをおもう    おう い

盧山の瀑布を望む     李 白     
ろざんのばくふをのぞむ      り はく




★私は、杜牧の 『 山 行 』 に しようかと思っていますが、
 また、他の句に変更したくなるかもしれません。




 

    【コンクール】
  地域のコンクール、五回目の参加






スポンサーサイト



地域のコンクール、五回目の参加

コンクール
03 /17 2019
3月17日(日) 地域のコンクールがありました。
北多摩二区吟剣詩舞道連盟 《吟詠コンクール大会》です。

平成31年度の指定吟題は次の10句です。
 感有り       山崎 闇斎
 楠公子に訣るるの図に題す   頼 山陽
 春簾雨窓      頼 鷗厓
 黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る  李白
 烏江亭に題す    杜牧
 海に泛ぶ     王 守仁
 暁に発す    月田 蒙斎
 落 花      徳富 蘇峰
 山亭夏日       高 駢
 梅 花        王 安石    


わが萠洲流からは次の8名が参加、7名が受賞しました。

 (19番 山亭夏日  風邪のため欠場)
 33番 烏江亭に題す      奨励賞
 44番 楠公子に訣るるの図に題す  入賞    
 50番 楠公子に訣るるの図に題す  入賞
 65番 落 花       入賞  
 72番 春簾雨窓      入賞
 74番 暁に発す  
 88番 落 花       入賞
 91番 山亭夏日      入賞
 
私は、 74番 『暁に発す』 でした。
受賞しなかったのは、昨年に続いて私だけでした。



 

    【コンクール】
  地域のコンクール、四回目の参加




平成31年度 コンクール10句の模範吟

コンクール
08 /25 2018
来年の3月17日(日) 地域のコンクールがあります。
北多摩二区吟剣詩舞道連盟 《吟詠コンクール大会》です。

平成30年度の指定吟題10句は
こちら でご覧いただけますが、

2018年8月25日 に、
平成31年度 コンクール指定吟10句の
松岡萠洲先生による模範吟がありました。

7015 320
『絶句編』と 『続絶句編』 約280句の中から     
 
感有り       山崎闇斎 
かんあり     やまざき あんさい

楠公子に訣るるの図に題す     頼 山陽
なんこうこにわかるるのずにだいす       らい さんよう

春簾雨窓      頼 鷗厓
しゅんれんうそう       らい おうがい

黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る     李 白 
こうかくろうにてもうこうねんのこうりょうにゆくをおくる       りはく

烏江亭に題す       杜 牧 
うこうていにだいす       と ぼく

海に泛ぶ      王 守仁
うみにうかぶ      おう しゅじん

暁に発す       月田蒙斎
あかつきにはっす       つきたもうさい

落 花       徳富蘇峰
らっか       とくとみそほう

山亭夏日        高 駢
さんていかじつ       こう べん

梅 花       王 安石
ばいか         おう あんせきく
    
       
        

★私は 月田蒙斎の 『暁に発す』 に しました。


 

    【コンクール】
  地域のコンクール、四回目の参加






地域のコンクール、四回目の参加

コンクール
03 /04 2018
3月4日(日) 地域のコンクールがありました。
北多摩二区吟剣詩舞道連盟 《吟詠コンクール大会》です。

平成30年度の指定吟題10句は こちら でご覧いただけます。

わが萠洲流からは8名が参加し、7名が受賞しました。

 28番 雪 梅        奨励賞
 45番 折 楊 柳   
 57番 九月十三夜陣中の作   奨励賞
 66番 九月十三夜陣中の作   入賞  
 70番 新涼書を読む      入賞
 79番 母を奉じて嵐山に遊ぶ  入賞
 90番 九月十三夜陣中の作   入賞
 96番 九月十三夜陣中の作   入賞
 
私は、 45番 折 楊 柳でした。
受賞しなかったのは私だけでした。

お稽古に参加して 四年が過ぎましたが、ようやく
詩吟の声に近づいてきたかな~というところで、
まだ、回しの部分が滑らかにいきません。
それから、オの母音がウに近くなってしまいます。
でも、コンクールでは初めて着物を着て、気分良く
落ち着いて出来たので良かったと思っています。

 

    【コンクール】
  平成30年度 コンクール10句の模範吟




平成30年度 コンクール10句の模範吟

コンクール
08 /18 2017
来年の3月4日(日) 地域のコンクールがあります。
北多摩二区吟剣詩舞道連盟 《吟詠コンクール大会》です。

平成29年度の指定吟題10句は
こちら でご覧いただけますが、

2017年8月18日 に、
平成30年度 コンクール指定吟10句の
松岡萠洲先生による模範吟がありました。

7015 320
『絶句編』と 『続絶句編』 約280句の中から

九月十三夜陣中の作       上杉謙信 
くがつじゅうさんやじんちゅうのさく   うえすぎけんしん

半 夜     良 寛
はんや       りょうかん

新涼書を読む      菊池三渓
しんりょうしょをよむ     きくちさんけい

静夜思     李 白 
せいやし       りはく

折楊柳       楊 巨源 
せつようりゅう     ようきょげん

夜受降城に上って笛を聞く      李 益
よるじゅこうじょうにのぼってふえをきく    りえき

母を奉じて嵐山に遊ぶ       頼 山陽
ははをほうじてらんざんにあそぶ       らい さんよう

青葉の笛       松口月城
あおばのふえ      まつぐちげつじょう

重ねて楓橋に宿す        張 継
かさねてふうきょうにしゅくす      ちょうけい

雪 梅       方 岳
せつばい         ほうがく




私は 『青葉の笛』 に しようかと思っていますが、
また、他の句に変更したくなるかもしれません。

ふだんのお稽古では、毎回、新しい句を
教えていただいてますが、それと並行して、
これから半年近く練習していくことになる
吟題を選ぶのも楽しいことのひとつです。


 

    【コンクール】
  地域のコンクール、三回目の参加






地域のコンクール、三回目の参加

コンクール
03 /12 2017
3月12日(日) 地域のコンクールがありました。
北多摩二区吟剣詩舞道連盟 《吟詠コンクール大会》です。

平成29年度の指定吟題10句は こちら でご覧いただけます。

わが萠洲流からは10名が参加し、
  6名の先輩方が受賞されました。

 51番 熊本城   入賞
 53番 熊本城   入賞
 75番 海を望む
 82番 事に感ず  
 84番 豊公の旧宅に寄題す
 85番 熊本城
 87番 事に感ず    入賞
 88番 逸 題     奨励賞
 90番 冬夜書を読む  入賞
 118番 清平調詞 その三   奨励賞

私は 海を望む でした。

お稽古に参加して 三年が過ぎましたが、まだまだ・・・です。
でも、気分良く出来たので、良かったかな~と思っています。

 

 【コンクール】

   平成29年度 コンクール10句の模範吟







平成29年度 コンクール10句の模範吟

コンクール
09 /03 2016
7015 320

◆2016年9月2日 

『絶句編』 『続絶句編』 2冊あわせて280句の中から
 来年度のコンクール指定吟題10句が決まり、
 吟詠萠洲流 松岡先生の模範吟がありました。

豊公の旧宅に寄題す     荻生徂徠 
  ほうこうのきゅうたくに きだいす   おぎゅうそらい

冬夜 書を読む     菅 茶山
  とうや しょをよむ       かん ちゃざん

逸 題      山内容堂
  いつだい       やまのうちようどう

芙蓉楼にて 辛漸を送る     王 昌齢 
  ふようろうにて しんぜんをおくる      おう しょうれい

烏 衣 巷     劉 禹錫 
  ういこう         りゅう うしゃく

事に 感ず      于 濆
  ことに かんず        うふん

海を 望む      藤井竹外
  うみを のぞむ       ふじいちくがい

熊本城       原 雨城
  くまもとじょう      はら うじょう

清平調詞       李 白
  せいへいちょうし       りはく

慈恩塔に題す       荊 叔
  じおんとうに だいす        けいしゅく


上記10句から1句を選んで 練習を始めるのですが、

私は初め 『海を望む』 に しようかと思っていましたが、
今は 『芙蓉楼にて辛漸を送る』 が いいかな・・・と♪
でも、また他の句に変更したくなるかもしれません。

これから半年近く練習していくことになる
自分にあった吟題を選んでいくのも楽しいことです。




      【コンクール】
  地域のコンクール、二回目の参加
     




地域のコンクール、二回目の参加

コンクール
03 /27 2016
お稽古に参加して 二年が過ぎた平成28(2016)年3月27日
北多摩二区吟剣詩舞道連盟の吟詠コンクール大会、二回目の参加。
私は 『山房春事』 吟番号110番、一般二部でした。

驚いたことに、青年・一般の参加者113名のうち
『山房春事』 を 選んだ人は 私の他一人しかいませんでした。
その方は一般三部で三位に入賞されました。

起句の 飛鴉 ひあ を ひあ と言ったつもりでも
ひやに聞こえてしまうため選ばれなかったようです。

岑 参 は715~770年、盛唐の時代に生きた人・・・
私は言葉数が少なく、息が続きそうだと思って選びましたが、
寂れた、かつての王家の庭で樹木だけが元気に育っている
風景が目に浮かぶようで、良い詩だと思っています。
一回目の参加では足がふるえましたが、そう言えば
二回目はふるえなかったな~と、嬉しく思いました。
転句の前半で音程が上ってしまったとのことです。

9月19日、選びぬかれた吟者たちの 全国決勝大会 が あり
みごとな吟を聴かせていただきましたが、句によって
もともと華やかさがある句と、そうでない句とがあり、
華やかな句の方が聴き映えがするかも?と思いました。
全国大会では 『山房春事』 を 吟じられた方が4名で
そのお一人が一般二部で6位に入賞されていました。

平成28年度の青年・一般の部 指定吟題は次の10句でした。 
・海南行     細川頼之
・桜祠に遊ぶ     広瀬旭荘
・花朝 澱江を下る       藤井竹外
・峨眉山月の歌       李白
・桑乾を渡る      賈島
・山間の秋夜      真山民
・諸生と月を見る      中江藤寿
・獄中の作      橋本左内              
・山房春事       岑 参
・中秋 月を見る       王 建




     【コンクール】
  地域のコンクールに初参加





地域のコンクールに初参加

コンクール
03 /22 2015
お稽古に参加して 一年が過ぎた平成27(2015)年3月22日
北多摩二区吟剣詩舞道連盟の吟詠コンクールに初参加しました。
私は 『花を惜しむ』 吟番号100番、一般二部でした。

  花を惜しむ   福沢諭吉
半生の 行路 苦辛の 身
幾度か 春を 迎え 還 春を 送る
節物は 怱々として 留むれども 止まず
花を 惜しむ人は 是 霜を 戴くの人


   はなを おしむ     ふくざわゆきち
   はんせいの こうろ くしんの み
   いくたびか はるをむかえ また はるをおくる
   せつぶつは そうそうとして とどむれども やまず
   はなを おしむひとは これ しもを いただくのひと


◆『続絶句編』 テキストの71ページ、通釈によると、
 来し方を振り返ってみれば、ただ、
 がむしゃらに働いてきただけであった。
 その間に、いったい何回、春が巡って来たことであろうか。
 その春の景色を楽しむ暇とてないまま、季節はあわただしく
 移り変わってしまい、引き止める術もない。
 春を楽しむこともなく生きてきた時間を惜しんでみるものの
 老境に至らねば、その大切さに気づくものでもなかろう。
 (皮肉なことに、今、花を賞で惜しむ身は、
  すでに白髪の翁になっているのだ)

・・・とのことです。

当時96才だった母のそばで練習している時、
 『福沢諭吉もね、若い時には苦しいことや辛いことが多くて
 花がきれいだな~と思えるようになった時には、
 頭が白髪になって、年をとってしまっていたんだって。
 きっと、いつのまにか年をとってしまったな~って思ったよね』
などと言うと、『確かに・・・』 というように 頷いてくれて、
私にとっては良い思い出になった一句です。

コンクール当日には、3回も息継ぎをしてしまい、
ふくらはぎが震えていたのを覚えています。


平成27年度の青年・一般の部 指定吟題は次の10句でした。 
・花に対して旧を懐う     釈 義堂
・夜 墨水を下る     服部南郭
・漫 述       佐久間象山
・諒州詩       王 翰
・絶 句       杜甫
・鐘山即時      王安石
・花を惜しむ      福沢諭吉
・坂本龍馬を思う      河野天籟              
・山中問答       李白
・雁を聞く       韋 応物



     【コンクール】
全国吟詠コンクール決勝大会を見に行きました








 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?