FC2ブログ

6回目の総会 『常盤孤を抱くの図に題す』

総会温習会
04 /28 2019
絶句編テキスト
 『絶句編』 テキスト138ページ
2019年4月28日 総会温習会  

平成31年4月28日、
総会と、総会温習会がありました。

平成31年度 総会温習会のプログラムは、
1、涼 州 詞   王 翰
2、山亭夏日   高 駢
3、落 花   徳富 蘇峰
4、春を探る   戴 益
5、常盤孤を抱くの図に題す   梁川 星巌
6、楠公子に訣るるの図に題す   頼 山陽
7、落 花く  徳富 蘇峰
8、峨眉山月の歌   李 白
9、落 花   徳富 蘇峰  
10、辺 詞   張 敬 忠
11、春簾雨窓   頼 鴨厓
12、時に憩う   良 寛
13、落 花   徳富 蘇峰
14、海を望む   藤井 竹外
15、事に感ず   于 濆
16、中 庸   元田 東野
17、楠公子に訣るるの図に題す   頼 山陽
18、烏江亭に題す   杜 牧
19、富 嶽    乃木 希典
20、舟中子規を聞く   城野 静軒
21、絶 句    杜 甫
22、弘道館に梅花を賞す   徳川 景山
23、 雲     大窪 詩仏
24、春簾雨窓   頼 鴨厓

25、春 風  白居易   松岡萠洲 先生 模範吟 
     

    ◆    ◆    ◆
  

私は6回目の総会温集会で、5番 『常盤孤を抱くの図に題す』でした。

松岡萠洲先生より、五段の許状をいただきました。
ありがとうございます。





   【総会温習会】
  5回目の総会 『酔うて祝融峰を下る』






スポンサーサイト



5回目の総会 『酔うて祝融峰を下る』

総会温習会
04 /29 2018
続絶句編 250  
 2018年3月2日 続絶句編169ページ  

平成30年4月29日、
総会と、総会温習会がありました。

平成30年度 総会温習会のプログラムは、
1、春日家に還る   正岡 子規
2、九月十三夜陣中の作   上杉 謙信
3、折 楊 柳   楊 巨 源
4、酔うて祝融峰を下る   朱 熹
5、太平洋上作あり   安達 漢城
6、海 南 行   細川 頼之
7、春夜洛城に笛を聞く   李 白
8、坂本龍馬を思う   河野 天籟
9、母を奉じて嵐山に遊ぶ   頼 山陽
10、江畔独歩花を尋ぬ   杜 甫
11、静 夜 思   李 白
12、静 夜 思   李 白
13、九月十三夜陣中の作   上杉 謙信
14、弘道館に梅花を賞す   徳川 景山
15、舟中子規を聞く   城野 静軒
16、九月十三夜陣中の作   上杉 謙信
17、静 夜 思   李 白
18、平泉懐古   大槻 盤渓
19、静 夜 思   李 白
20、春日家に還る   正岡 子規
21、母を奉じて嵐山に遊ぶ   頼 山陽
22、芳野に遊ぶ   頼 杏坪
23、芳野に遊ぶ   菅 茶山
24、静 夜 思   李 白

25、花朝澱江を下る  藤井 竹外  松岡萠洲 先生 模範吟 
     

    ◆    ◆    ◆
  

私は4回目の総会温集会で、4番 『酔うて祝融峰を下る』でした。

また、松岡萠洲先生より、清水花洲という吟号をいただきました。
ありがとうございます。





   【総会温習会】
  4回目の総会、正岡子規 『春日家に還る』






4回目の総会、正岡子規 『春日家に還る』

総会温習会
04 /29 2017
続絶句編 250  
 2017年4月29日 続絶句編 58ページ  総会温習会

平成29年4月29日、
総会と、総会温習会がありました。

平成29年度 総会温習会のプログラムは、
1、富士山
2、時に憩う
3、烏衣港
4、春日家に還る
5、熊本城
6、熊本城
7、花を惜しむ (休)
8、絶命の詞  (休)
9、太田道灌蓑を借るの図に題す
10、桜祠に遊ぶ
11、楠公を詠ず
12、長 城
13、常盤孤を抱くの図に題す
14、中 庸
15、河内路上
16、中秋の月
17、熊本城
18、九段の桜
19、嵐山に遊ぶ
20、花を惜しむ
21、事に感ず
22、感有り
23、春を探る
24、春夜洛城に笛を聞く

25、胡隠君を尋ぬ  松岡萠洲 先生 模範吟 


    ◆    ◆    ◆
  

私は3回目の総会温集会で、4番 『春日家に還る』でした。

  春日家に還る    正岡子規
車に 乗り 馬に 騎って 早く 帰り来る
一たび 双親に 謁すれば 喜び 自から 催す
処々 鶯 啼いて 春 海に 似たり
故園の 芳樹 吾を 待って 開く


    しゅんじつ いえに かえる   まさおか しき   
   くるまに のり うまに のって はやく かえりきたる
   ひとたび そうしんに えっすれば よろこび おのずから もよおす
   しょしょ うぐいす ないて はる うみに にたり
   こえんの ほうじゅ われを まって ひらく


 ◆テキストの通釈によると、
車に乗り、或いは馬に騎って、
急いで家に帰って来て、両親の顔を見ると、
自然と喜びが湧き上がってくる。
帰りの道々、また家の回りの到る処に鶯が啼いて、
目に映る春の様子は海にも似て爛漫である。
ふるさとのわが家の木々が、自分の帰郷を
待っていたかのように花を美しく付けている。

   ・・・とのことです。

 ◆先生のお話によると、
この詩は、正岡子規が12才の時に作った
課題作(題詠)であるため【双親】としているが、
子規は5才で父を亡くしている・・・とのことです。




   【総会温習会】
  3回目の総会、木下犀潭 『壇の浦夜泊』






3回目の総会、木下犀潭 『壇の浦夜泊』

総会温習会
04 /29 2016
続絶句編 250  
 2016年4月29日 続絶句編 58ページ  総会温習会

平成28年4月29日、
総会と、総会温習会がありました。

平成28年度 総会温習会のプログラムは、
1、花を惜しむ
2、桜祠に遊ぶ
3、壇の浦夜泊
4、焦心録後に題す
5、金剛山
6、九段の桜  (休)
7、自ら遣る
8、花を惜しむ
9、母を奉じて嵐山に遊ぶ
10、余 生
11、桜祠に遊ぶ
12、花朝澱江を下る
13、桜祠に遊ぶ
14、花朝澱江を下る
15、峨眉山月の歌
16、太田道灌蓑を借るの図に題す
17、諸生と月を見る
18、弘道館に梅花を賞す
19、清 明
20、母を奉じて嵐山に遊ぶ
21、春夜洛城に笛を聞く
22、平泉懐古
23、桑乾を渡る
24、春夜洛城に笛を聞く
25、峨眉山月の歌

26、春日偶成  松岡萠洲 先生 模範吟 


    ◆    ◆    ◆
  

私は2回目の総会温集会で、3番目 『壇の浦夜泊』でした。

  壇の浦夜泊    木下 犀潭
篷窓 月 落ちて 眠りを 成さず
壇の浦の 春風 五夜の 船
漁笛 一声 恨を 吹いて 去る
養和陵下 水 煙の 如し


    だんのうらやはく   きのした さいたん   
   ほうそう つき おちて ねむりを なさず
   だんのうらの しゅんぷう ごやの ふね
   ぎょてき いっせい うらみを ふいて さる
   ようわりょうか みず けむりの ごとし


◆テキストの通釈によると、
先刻まで、船の窓に見えていた月も
沈んでしまったのに、なかなか眠れない。
今宵は、壇の浦で船泊りをすれば、暖かい春風が
吹き渡って、もう五更もとうに過ぎている。
すでに、漁を始めた漁師の笛の音が、安徳帝を始め
平家一門の恨みを込めるかのように、一声響き渡る。
見れば、安徳帝の墓、養和陵の下手あたりの
海面は煙が立ち込めたようだ

   ・・・とのことです。




   【総会温習会】
  2回目の総会、釈南山の 『松 島』






2回目の総会、釈 南山 の 『 松 島 』

総会温習会
04 /26 2015
続絶句編 250  
 2015年4月26日 続絶句編 40ページ  総会温習会

平成27年4月26日、
総会と、総会温習会がありました。

平成27年度 総会温習会のプログラムは、
1、松 島        釈 南山
2、逸 題        篠原 国幹
3、絶 句        杜 甫
4、山中の月      薮 孤山
5、楓橋夜泊       張 継
6、客中の作       李 白  
7、九段の桜       本宮 三香
8、名槍日本号      松口 月城
9、江上の船       嵯峨 天皇
10、鐘山即時      王 安 石
11、烏江亭に題す      杜 牧
12、清 明        杜 牧
13、芳野懐古        藤井 竹外
14、鐘山即時        王 安 石
15、夜墨水を下る     服部 南郭
16、夜墨水を下る     服部 南郭
17、桶狭間を過ぐ     大田 錦城
18、芳 野        河野 鉄兜
19、山中幽人と対酌す      李 白
20、芳野懐古        藤井 竹外
21、春簾雨窓        頼 鴨厓
22、感有り        山崎 闇斎
23、富 嶽        乃木 希典
24、舟中子規を聞く      城野 静軒
25、芳野に遊ぶ      頼 杏坪
26、春夜洛城に笛を聞く    李 白
27、花を惜しむ     福沢 諭吉

28、汪倫に贈る   松岡萠洲 先生 模範吟 


    ◆    ◆    ◆
  

私は2回目の総会温集会で、1番目 『 松 島 』でした。

  松 島    釈 南山
 天下 山水 有り
 各 一方の 美を 壇にす
 衆美 松洲に 帰す
 天下 山水 無し


  まつしま    しゃく なんざん   
てんか さんすい あり
おのおの いっぽうの びを ほしいままにす
しゅうび しょうしゅうに きす
てんか さんすい なし


◆テキストの通釈によると、
天下いたるところに山水の名勝があり、
それぞれ、その地方で評判が高い。
ところが、この松島は、それらの光景がすべて残らず
集まっているので、この松島に比較すれば、
ほかの名勝と言われるところは影が薄くなってしまう。
松島のほかには、天下に山水無しと言っても過言ではない。

   ・・・とのことです。




   【総会温習会】
  初めての総会、杜牧の 『江南の春』






初めての総会、杜牧の 『江南の春』

総会温習会
04 /27 2014
絶句編テキスト
 『絶句編』 テキスト138ページ
2014年4月27日 総会温習会  

  江南の春    杜 牧
千里 鶯 啼いて 緑 紅に 映ず
水村 山郭 酒旗の 風
南朝 四百 八十寺
多少の 楼台 煙雨の 中


    こうなんのはる      とぼく   
   せんり うぐいす ないて みどり くれないに えいず
   すいそん さんかく しゅきの かぜ
   なんちょう しひゃく はっしんじ
   たしょうの ろうだい えんうの うち


◆テキストの通釈によると、
 見渡すかぎり遠く広がる平野のあちらからも
 こちらからも、うぐいすの声が聞こえ、
 木々の緑が花の紅を映じ合っている。
 水辺の村や山沿いの村の酒屋の
 目じるしの旗が春風になびいている。
 一方、古都金陵には、南朝以来のたくさんの寺院が
 たち並び、その楼台が春雨の中にけぶって見える。

   ・・・とのことです。

3月に萠洲流に参加し、4月末に総会と温習会がありました。
その数日前にプログラムが配られ、いちばん初めに
私の名前も載っていて 『絶句一題』 となっていました。

私は習ったばかりの 『江南の春』 を やります と
申し出て、びっくり、呆れられたようでした。
あとで知ったことですが、そういう場合、
何もしないで見学ということのようでした。

温習会で、30人位の会員さんたちが1時間半ほどの
間に、つぎつぎ吟じていく様子は実に新鮮でした。

最後に先生の講評があり、私へのコメントで、
『今回は失敗をしたとしても、次がありますから
またチャレンジして下さい』 というようなことでした。
私はあがることもなく、良い気分でやれたつもりでしたが、
先生のコメントを伺って、ああ失敗だったのかと思いました。
きっと全くの裏声で、音程もかなり狂っていたのでしょう。
まだ二年半前のことですが、かなり昔のことのように
なつかしく思いおこされます。





 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?