FC2ブログ

見方が変った 王 安石 の 『鐘山即事』

中国の絶句
08 /26 2016
お稽古に参加して3か月が過ぎた 2014年6月13日
王 安石 の 『鐘山即事』 でした。
私は、王 安石 という名前を聞いたことがあったか
どうだったか~? という程度の知識でした。

 澗水 声無く 竹を 繞って 流る
 竹声の 花草 春柔を 露わす
 茅簷 相対して 坐すること 終日
 一鳥 鳴かず 山 更に 幽なり


 教則本の通釈によると、
『谷川の水は音もなく、竹林を巡って流れている。
 その竹林の西には、花や草が春のなよなよとした柔らかさを表している。
 自分は茅葺きの軒の下に座って、一日中 鐘山に向い合っていると、
 一羽の鳥の鳴き声も聞こえず、山はいよいよ静かである』 とのこと。

終日、軒下に座って、向いの山を眺めているなんて
もしかして 怠け者??? などと思ったのですが・・・

先生の説明を伺って、胸を打たれる思いがしました。

王 安石(1021~1086)は、北宗の皇帝 神宗の後ろ盾のもとに
貧富の差をなくしていこうという新法(王安石の新法)を作った。
けれども、上層階級の巻き返しで失脚、地方に左遷される。
その後、中央に戻るが、息子の死などもあり、隠遁生活を送る。
神宗が亡くなり、翌年、王安石も亡くなった。
この漢詩は亡くなる前年に作られた・・・とのことでした。

波乱万丈の人生を振り返って、一生懸命にやったことも実らず
万感の思いをこめて終日 山を眺めていた。

その詩が作られた時代背景や、その作者の生き方などを
知っているのと、知らないのとでは、詩の見方、
味わい方などが全く違ってしまうと強く思った句でした。



     【絶句いろいろ】

 漢詩って面白いかも?と思った 杜牧の 『山行』





スポンサーサイト



萠洲流、一年間のおおよその流れ

萠洲流のこと
08 /25 2016
吟詠萠洲流に入会して2年半になり、
それぞれの行事が3回目となりました。
私なりに知った 会の一年間の
おおよその流れをご紹介します。

 4月 総会 と 温習会
 6月 全国朗吟文化協会の大会に参加
 8月 夏季温習会
10~11月 市民吟詠大会に参加/吟行会
12月 忘年会
 1月 初吟会
 3月 北多摩二区連 吟詠コンクールに参加


この他、11月に武道館での大会もあるようですが、
これまで私は参加できなかったため、よくわかりません。

一年間に6回も発表の場がありますので、
毎回のお稽古で新しい句を練習する他に
各行事に向けての練習もしています。

吟詠はコンクールで競うものではないのでは?
とも思いますが、ひとつの吟題を繰り返し練習して
発表することは励みにも勉強にもなると感じています。


のんびりと自分の練習だけをしていればよい立場にいる
新人である私なりに思っている 萠洲流 一年間の流れです。




   萠洲流のテキスト




東村山市の公民館で詩吟教室

お稽古日など
08 /24 2016
 吟詠萠洲流、お稽古のご案内です。

◆ご指導 吟詠萠洲流宗家 松岡萠洲先生

富士見公民館 毎週金曜日 (月4回)
   昼の教室 午後1時 ~ 3時
   夜の教室 午後7時半~9時半

      各教室   会費 月3000円

萩山公民館 昼の教室 (月2回)  
   第一・第三水曜日の午後1時~3時

           会費 月2000円

★他に本部費500円、会場費など500~1000円が必要です。
★会場の都合などで変更になることもあります。

 連絡先 042‐391‐9424
(松岡)
  どうぞ、お気軽にお問合せ下さい。




漢詩って面白いかも?と思った 杜牧の 『山行』

中国の絶句
08 /24 2016
絶句編テキスト

2014年4月11日 絶句編 139ページ  

私が正式に入会したのは、2014年の5月でしたが、
お稽古には3月から参加していました。 初参加だった
3月7日は、上の写真のテキスト 『絶句編』 の終り頃で、
『白楽天の江州司馬に左降せらるるを聞く』 でした。
毎回1ページずつ進んでいき、5回目が杜牧の 『山行』

  山 行   杜 牧
 
遠く 寒山に上れば 石径 斜めなり
白雲 生ずる処 人家 有り
車を停めて 座ろに愛す 楓林の晩
霜葉は 二月の花よりも 紅なり

   とおく かんざんにのぼれば せっけい ななめなり
     はくうん しょうずるところ じんか あり
     くるまをとどめて そぞろにあいす ふうりんのくれ
     そうようは にがつのはなよりも くれないなり


私は初め、高い山の斜面から辺りを見回してみると、
はるか下の方に ひと筋の煙が昇っていくのが見え
そこに人家があるという風景を思い描いたのですが、

そうではなく、テキストの通釈によると、
『遠く ものさびしい山に登っていくと、石ころの多い
小道が斜めに続いている。 そして、そのはるか上の辺りの白雲が
生ずるところに人家が見える』 
とのことでした。

白雲の白の意味から隠遁生活をする年配者、白に対して青というと
これから元気に生きていく若者というイメージにつながるのだそうです。

そして、『車を止めて気の向くままに、夕暮れの楓の林の景色を
愛で眺めたが、霜のために紅葉した葉は、春二月ごろに咲く
花よりも、なお一層 美しく赤いことであった』 とのこと。

これら4行の詩から、無限に広がる風景と心情、赤く燃えた
楓の林の色合いなどが伝わってきて、感銘を受けました。 
節調も から の音まであり、味わい深いもので、
漢詩って面白いかも~?!と思ったのを はっきり 覚えています。






 

萠洲流のテキスト

萠洲流のこと
08 /23 2016
7015


写真の中で、下の2冊は

日本吟剣詩舞振興会発行の
吟剣詩舞道アクセント付き漢詩集
    ≪絶句編≫と≪続絶句編≫
です。

あわせて280の漢詩(絶句)が載っています。

上の2冊は、吟詠萠洲流の節調に沿って作られた
楽譜式教則本≪絶句編≫と≪続絶句編≫です。

それぞれ、アクセント付き漢詩集に対応していて
萠洲流の楽譜式教則本で同じページを開くと、
その絶句の節調が楽譜となっているため
ひとりでも吟の練習をすることができます。

私がこれまで会を続けてこられたのも、
これらのテキストのおかげかなと
宝物のように大切に思っています。



  萠洲流のあゆみ





 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?