FC2ブログ

藤井竹外の『海を望む』

日本の絶句
11 /24 2016
平成29(2017)年度のコンクール指定吟題が決まり
9月2日に、松岡萠洲先生の10句の模範吟 がありました。

私はあれこれ迷いましたが、『海を望む』 にしました。
市民吟詠大会 と全朗協会員の集いでは
和歌『天の原』にしましたが、それが終って
今、『海を望む』の練習をしているところです。

  海を望む   藤井 竹外
鵬際 晴れ開く 九万の 天
無人の 島は 定めて 何れの 辺なる
風を 追う 狂浪 奔馬の 如く
忽ち 巉礁に 触れ 砕けて 煙と 作る


    うみを のぞむ     ふじい ちくがい
   ほうさい はれ ひらく きゅうまんの てん
   むじんの しまは さだめて いずれの へんなる
   かぜを おう きょうろう ほんばの ごとく
   たちまち ざんしょうに ふれ くだけて けむりと なる


◆『続絶句編』 テキストの59ページ、通釈によると、
 遥か水平線のあたり、水と空とが何処までも連なる。
 いったい、無人島は何処にあるのだろうか。
 風を追うかに見える荒れ狂う波は、
 奔馬のような勢いで海面を渡って来て、
 不意に暗礁にぶつかって砕け散り、一瞬、煙のようになる。

   ・・・とのことです。

先生のお話と、高槻市のHP 『孤高の詩人・藤井竹外』 によると、
藤井竹外は1807年生まれ、明治維新を見ずに
1866年7月 60歳で亡くなった。
本名 「啓」 で、高槻藩の中堅家臣、家禄50石。
代々知行地をうける権利をもつ家格で、
時には政務の中枢を担いうる身分でもあったが、
竹外はいつのころからか詩作に傾倒し、酒に浸り、
勤番をきらって病気だといっては家にこもり、
療養だといっては旅に出る毎日だった・・・とのこと。

指定吟題10句から、なぜ 『海を望む』を選んだかというと、
  ・CD伴奏集続16番は戦いの句が多いのですが、この句は
   戦いではなく荒れた海の風景が伝わってきて元気になれること
  ・詩の言葉が言いやすく、言葉数も多いのでテンポが速く、
   息が続かない私には良いかもと思ったこと・・・などです。

藤井竹外が放浪の旅先で、荒れ狂う浪を奔馬にたとえた詩の中で
なぜ無人の島が・・・なのかな~などと思いをめぐらしながら
来年3月の地域コンクールに向けて楽しく練習をしています。





 




スポンサーサイト



平成28年度 『吟と舞』 会員の集い

全朗協
11 /16 2016
平成28(2016)年11月15日(火) 10時半~16時
文京区民センターにて、全国朗吟文化協会主催による
平成28年度 『吟と舞』 会員の集い が ありました。

この会は、6月に行なわれている 『吟と舞の集い』 に
参加していない会員や、全朗協に加入して日が浅い
会員にも、気軽に日頃の練習の成果を発表し、
親睦を深めていただこうと新しく企画された集いです。

     ♪ ♪ ♪

合吟、独吟、剣詩舞、歌謡吟詠など73番までのうち、
わが吟詠萠洲流からは、
  5番、和歌 天の原
  8番、事に感ず
 13番、豊公の旧宅に寄題す
 21番、九月十三夜陣中の作
 26番、事に感ず
 28番、事に感ず
 37番、感有り
 47番、清平調詞 その三
 53番、冬夜書を読む
 58番、今様入り 松竹梅
 67番、山 行 松岡萠洲先生
   以上、11名が参加しました。

     ♪ ♪ ♪ 

私は 市民吟詠大会 と 同じ
和歌・天の原 を 吟じました。
発表する機会が二回も続いたので少し
落ち着いて出来たかな~と思います。

会員発表のあと、同じ会場で懇親会がありました。
飲み物やおつまみ、お菓子などを用意していただき
楽しく懇談ができました。
懇親会初めの挨拶を松岡萠洲先生がされていました。

     ♪ ♪ ♪

ひとり3000円の参加費の中から、会場費などの他、
お弁当と飲み物が出て、懇親会の茶菓も用意され、
帰りにはお花もいただきましたが、準備をして
下さった方々のご苦労は大変だったことでしょう。
花
私のような≪詩吟の一年生≫にも
発表の場を設けていただき、
ありがたく、感謝申しあげます。

 
      【全朗協】
  第56回  『吟と舞の集い』






第56回 吟と舞の集い

全朗協
11 /11 2016
平成28(2016)年6月12日(日) 9時~18時
江戸川区総合文化センターにて
全国朗吟文化協会主催による
第56回 全朗協 『吟と舞の集い』 が ありました。

会は、松岡萠洲先生の開会のことばで始まり、
第一部(合吟の部)には萠洲流から2チームが参加
 1、男性5名 海南行
 5、女性5名 舟中子規を聞く
  私は、合吟初体験でした。

第二部(独吟その一)
 10、余生
 20、山行 
 28、諸生と月を見る
 43、春夜洛城に笛を聞く

第三部(剣詩舞その一)と式典があり、

第四部(会長・副会長・副理事長・地区代表者吟詠)で
 62、夏日悟空上人の院に題するの詩 松岡萠洲先生

そのあと、
第五部(独吟その2)
 77、平泉懐古

第七部(独吟その3)
  98、桑乾を渡る
 104、峨眉山月の歌

構成吟 『日本の四季』 -そのこころのうた-
 6、和歌入り 明石の浦

 以上、萠洲流から20名近くの参加がありました。

         

私にとっては、初めての大きな会への参加でした。
帰りには、参加した人たちに花束をいただきましたが、
運営費をやりくりして、ご褒美を用意して下さった
役員の皆さまのお心遣いを嬉しく思いました。

 


 

東村山市民吟詠大会、二回目の参加

市民吟詠大会
11 /07 2016
入会して半年後、一昨年の市民吟詠大会に初参加しましたが、 
昨年は用事があり、私は参加できませんでした。
今年は11月6日に東村山市吟詠連盟主管による
第46回 市民吟詠大会があり、二回目の参加をしました。

吟詠萠洲流からは、会員吟詠60番までのうち
  1番、湖上に飲す
  3番、和歌・天の原
  7番、熊本城
 10番、熊本城
 12番、夜、墨水を下る
 14番、壇ノ浦夜泊
 18番、事に感ず
 20番、豊公の旧宅に寄題す
 35番、事に感ず
 46番、逸 題
 49番、感有り
 51番、冬夜書を読む
  以上、12名が参加しました。

宗家・松岡萠洲先生は、
 32番、詩舞吟詠 『京都東山
 57番、副理事長吟詠 『山 行』 
  の二句を 吟詠されました。 

いつもお稽古で間近に教えていただいている
先生のみごとな吟が、朗々とホールに響くのを
聴けるのは嬉しいことで、誇りにも思いました。

私はただ一首教えていただいた 和歌・天の原 でした。
反省点はたくさんありますが、楽しく声を出すことは
できたかなと、自分に 大きな〇 をつけることにして、
また新たな気持ちで練習をしていこうと思います。

もう一つの大きな〇 は38年ぶりで着物を着たことでした。
40年以上も箪笥に入ったまま、一度も着た記憶がない着物を
着付けの上手な従姉妹に着せてもらいました。
思っていたほど、お腹も苦しくなくて、楽しい気分になれました。
これをきっかけに、着物のことや着方などを教えてもらって
自分でも着られるようになれたらいいなと思っているところです。

【追記】
38年ぶりに着物を着ましたが、思いがけずに
写真を撮って下さった方がいらして、写真をいただきました。
尺八奏者の方も写っていて、市民吟詠大会の雰囲気が
少しわかっていただけるかもと思い、載せてみました。
2016・11・6 市民吟詠大会200



   【市民吟詠大会】

東村山市民吟詠大会、一回目の参加





  
 

第48回 全国吟剣詩舞道大会

吟剣詩舞振興会
11 /04 2016
11月29日、30日、日本吟剣詩舞振興会が主催する
第48回全国吟剣詩舞道大会 が 日本武道館でありました。
詳しいことは 後日 こちら で報告されることでしょう。
        
私は武道館に行ったこともありませんでしたが、
萠洲流の大先輩 Oさんのあとについて参加しました。
チケットを入口窓口で座席指定の券に変えてもらって
一階席の前の方に座ることができました。
        
 ・吟詠と津軽三味線
 ・外国人による吟詠・剣詩舞
などのあと、特別企画≪すいしん≫がありました。

盛唐の詩人、李白(701年~762年)と
杜甫(712年~770年)とのつながりを通して、
ふたりの人柄や生き方、詩の背景などが
わかりやすく盛り込まれていて
私にはとても興味深い内容でした。
        
二日目の30日には式典のあと、
全国各地から49チーム、1715人の方々が参加され、
全国吟詠合吟コンクールがあり、わが師匠である
松岡萠洲先生も審査員になっておられました。
各チーム35人ずつの迫力ある、みごとな合吟!
49チームの審査をされるのは、さぞかし
難しく、大変なことでしょうと思いました。

幼少年・高校生・全国コンクール優勝者らによる
吟や舞もあり、見ごたえのある大会でした。
        
第49回 全国吟剣詩舞道大会は、
来年の11月4日(土)、5日(日)とのことです。

大会運営にご尽力、ご出演下さった皆さま、
二日間、楽しませていただき、ありがとうございました。







 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?