FC2ブログ

張 敬忠  『 辺 詞 』

中国の絶句
12 /24 2016
 続絶句編 250  
 2016年12月23日 続絶句編 116ページ

   辺 詞     張 敬忠
 五原の 春色 旧来 遅し
 二月 垂楊 未だ 糸を 挂けず
 即今 河畔 氷 開くの 日
 正に 是れ 長安 花 落つるの 時

     へんし       ちょう けいちゅう
     ごげんの しゅんしょく きゅうらい おそし    
     にがつ すいよう いまだ いとを かけず
     そくこん かはん こおり ひらくの ひ
     まさに これ ちょうあん はな おつるの とき



テキストの通釈によると、
 五原あたりの春は、もともと遅い。
 しかし、もう旧暦の二月だというのに、
 しだれ柳は芽吹きもしない。
 今は、黄河のほとりの氷は溶けたが、
 都の長安では、ちょうど花が散るころだ。


先生のお話 に よると、
 辺詞とは辺境の地を詠んだ歌で、辺塞詞ともいう。
 張 敬忠 は、初唐の詩人で生没年は不詳。
 則天武后(女帝)の信任の厚かった
 張 仁原 のもとで仕え、功績をあげた。
 平盧節度使(内蒙古一帯を治める地方長官)となった
 張 仁原に従い、五原に赴いた時に
 この詩を詠んだと思われる。
 後に、張 敬忠は、官吏の任命などを行なう
 吏部郎中(次官)に抜擢された。
 張 敬忠の詩は2首残っている
 ・・・とのことです。

★私は中国の歴史についてはほとんど知らないので
 中国の絶句に入るのを楽しみにしていました。
 則天武后 という人物がいて、
 中国でただ一人の女帝であったことも知りませんでした。
 これから どのような人物や出来事、
 漢詩が出てくるのか、楽しみです。



   【 中国の絶句 】
 盧 僎  『 南楼の望 』 


     






スポンサーサイト



廬 僎 の 『 南楼の望 』

中国の絶句
12 /16 2016
 続絶句編 250 中国絶句編
 ◆いよいよ『続絶句編』の後半、中国の絶句編に入りました。 

     2016年12月16日 続絶句編 115ページ

   南楼 の 望     盧 僎
 国を 去って 三巴 遠し
 楼に 登る 万里の 春
 心を 傷ましむ 江上の 客
 是れ 故郷の 人ならず

   
  なんろうの ぼう     ろ せん
くにを さって さんぱ とおし    
ろうに のぼる ばんりの はる
こころを いたましむ こうじょうの かく
これ こきょうの ひとならず



テキストの通釈によると、
≪長安の都を去って、遠い三巴の地の旅人になった。
たまたまこの南楼に登って見ると、あたりは春たけなわである。
だが、川のほとりの楼にたたずむ私の心は痛むのだ。
私はこの土地の人ではないのだから≫


★先生のお話 に よると、
盧 僎 は、初唐の詩人で生没年は不詳。
唐の中宗(四代)の頃まで生きていたと思われる。
河南省臨漳県で集賢院学士に抜擢された。
尚書省吏部員外郎という役職。

三巴は四川省をさす。長江が重慶の東南で、
三つに折れ曲がって巴の字の形をなすので、三巴という。
また、蜀の巴郡・巴東・巴西の三郡を合わせたものともいう。

盧 僎 の詩は、14首 残っている。
『南楼 の 望』 は 四川省に左遷された時の詩
・・・とのことです。



     【 中国の絶句 】
 見方が変った 王 安石 の 『鐘山即事』







忘年会 2016

忘年会
12 /10 2016
入会して三年目なので、いろいろな行事が三回目です。
忘年会への参加も三回目でした。

市内のとある老舗のカラオケ店を借りきって
12月10日(土)午後6時から 忘年会があり、
20名余で、年の瀬の楽しいひとときを過ごしました。

長年、会長をして下さっていたKさんが亡くなられたので
初めに、参加者全員で黙祷をささげました。

乾杯の後、松岡萠洲先生と会長代行Nさんのご挨拶があり、
店主さんご夫婦のサービスである大根の煮しめと、熱々のけんちん汁、
そして、幹事さん方が用意して下さった お寿司、お惣菜弁当、
つまみのお菓子、ビール、日本酒、ワイン・・・などなど♪

お腹が満足したところで カラオケです。
初めに、K会長が好きだった曲を先生や先輩方が
Kさんを偲んで、歌われ、そのあとは、
みんなでお得意の曲、全40曲を熱唱!

入会して、まもなく思ったことは、先生を始め
みなさんとても 歌がお上手だということ。
それから最近になって気がついたことは、
気持ちの良いお酒の飲み方をされるということです。

幹事のみなさん、先輩のみなさん、もちろん先生、
今年も、楽しい忘年会をありがとうございました





 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?