FC2ブログ

大槻磐渓 の 『 春日山懐古 』

日本の絶句
12 /26 2017
絶句編テキスト
2017年12月26日 絶句編 62ページ  

   春日山懐古     大槻磐渓 
 春日山頭 晩霞に 閉さる
 驊騮 嘶き 罷んで 鳴鴉 有り
 憐れむ 君が 独り 能州の 月を 賦して
 平安・城外の 花を 詠ぜざりしを
   
 かすがさん かいこ    おおつき ばんけい
かすがさんとう ばんかに とざさる
かりゅう いななき やんで めいあ あり
あわれむ きみが ひとり のうしゅうの つきを ふして
へいあんじょうがいの はなを えいぜざりしを


テキストの通釈によると、
今日、在りし日の上杉謙信の居城・春日山の跡に
来て見れば、山一面が夕映えに照り輝いて、
昔の名馬のいななきも聞えず、ただものさびしく
鴉が鳴いているだけである。それにつけても
謙信ほどの英雄が『越山併せ得たり能州の景』などと、
空しく僻地の月のみを愛でるに留まり、京都に上って
天下の統一を果して、都付近の花を詠むこともなく
身を絶えたことは、まことに気の毒でならない。

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
大槻磐渓(1801~1878)は、江戸後期から幕末に活躍した漢学者。
仙台藩士の子どもであるが、江戸木挽町で生まれる。
父は蘭学者で医者でもある大槻玄沢。
六番目の次男で六二郎と名づけられた。

16才のころ昌平坂学問所(昌平黌)で林家に入門。
22才の頃、仙台藩校の明倫養賢堂に入るが、翌年、
江戸の昌平黌に戻り、翌年また明倫養賢堂へ戻ったり、
27才までの間、断続的ではあるが、昌平黌で学ぶ。

1827年、27才の頃、蘭学の修行のため、関西・九州・
長崎に遊学。大槻玄沢の息子であったということもあり
多くの学者達の教えを受けながらの旅であった。

長崎遊学中、父が病に倒れたとの知らせで江戸へ帰るが、
父玄沢は亡くなっていた。翌年、再び長崎に遊学したが、
シーボルト事件の影響により蘭学を学べず、翌年江戸に帰った。
磐渓は父の望んだ蘭学の習得は出来ず、漢学者となった。

幼いころから異国の文化に触れながら育った磐渓は
開国論を唱えたが受け入れられず、多くの非難を浴びた。
そのような中で、磐渓は藩の命令で仙台に戻り、
65才で、藩校の明倫養賢堂の学頭となる。
68才で、戊辰戦争となり、磐渓は仙台藩論客として
奥羽列藩同盟の結成に進め、戦ったが破れた。

仙台藩は勤王派が中心となり、戦争を主導した者たち
磐渓を初めとした佐幕派への責任が問われた。
それにより、伊達家の存続は許されたが、指導者、
但木土佐ら磐渓の教え子たちは斬首刑に処せられた。
磐渓も、斬首刑者の中に入っていたが、高名な漢学者で
老体であることなどから終身禁固の刑となった。それも
1870年、仮出獄を許され、翌年には謹慎も解かれた。

その後、磐渓は江戸に出て、本郷に隠棲、静かに
詩酒を楽しみながら余生を送り、78才で亡くなった。

          
 
春日山 : 新潟県上越市にあって城跡を残している。
   謙信の父長尾為景がここを拠点とし、越後全州を領していた。
   謙信も又ここに城を築いたが、慶長2年、景勝に及んで
   会津に移封され、のち堀秀治の居城となり、江戸時代に
   到って平忠勝を封ずるに及び、居城を上越に移した。
晩 霞 : 夕映え。『霞』は淡い霧が日の方角にたなびいていて
   赤く見えるもので、ここでは朝焼け・夕焼けの意。
   一般には、春がすみの意に用いる。
驊 騮 : 樺色に似たあか毛の馬。ここでは謙信の乗った名馬。
賦能州月 : 謙信が能登の七尾城を攻撃した折、九月十三夜陣中に
   おいて明月を賞しながら酒宴を開き、詩を詠じたが、
   その転句に『越山併得能州景』とあったのを指す。
平安城 : 京都。謙信が上京して天下の権を取り、
   洛外の花見などが出来なかったのを惜しんで言う
         ・・・ とのことです。

大槻磐渓 の 『平泉懐古』


    【 日本の絶句 】
   城野静軒 の 『舟中子規を聞く』






スポンサーサイト



城野静軒 の 『舟中子規を聞く』

日本の絶句
12 /26 2017
絶句編テキスト
2017年12月26日 絶句編 61ページ  

   舟中子規を聞く     城野静軒 
 八幡 山崎 春 暮れんと 欲す
 杜鵑 血に 啼いて 落花 流る
 一声は 月に 在り 一声は 水
 声裡の 離人 半夜の 舟
   
 しゅうちゅう しきを きく   きの せいけん
やわた やまざき はる くれんと ほっす
とけん ちに ないて らっか ながる
いっせいは つきに あり いっせいは みず
せいりの りじん はんやの ふね


テキストの通釈によると、
春も過ぎようとする頃、京都から大阪に向って下る
舟中から淀川を見渡すと、かなたの山は天王山か、
すると、こなたは男山。山裾に眠る八幡・山崎を通過中
かと思う折しも、血を吐くようなほととぎすの声、
川面には夜目にも白く落花が静かに流れてゆく。
「一声は月が啼いたか」と思われ、
一声は水中から発したようでもある。
ほととぎすの声は、実に聞くものの腸も断たんばかりに
悲しませるものであるが、まして故郷を離れているこの
身にとっては夜半の舟中での感慨は、ひとしお痛切なものがある

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
城野静軒 (1800~1873)は、江戸後期から明治にかけての学者。
熊本県菊池郡隈府中町に生まれた。幼い頃から学問を好み、
書道にも優れ、細川家や家老有吉家の書の指導も任されていた。
静軒はまた、武芸にも秀でて、武術でも多くの弟子を取った。

静軒は、地域の賛同者十数名とともに組合を立ち上げ、
倹約しあって貯蓄したお金で、組合員の不慮の災難や
飢饉で困窮した人々へ手当てを施す救済組織を築いて
藩から褒章を受けたとのこと。
1873(明治6)年、74才でその生涯を終えた。
 
子 規 : ほととぎす。承句の杜鵑に同じ。
   夜明け前に啼くことが多い。口の中が赤い。
八幡山崎 : 天王山の東麓にあって、東は淀川に臨み、
   かつては京都を結ぶ交通の要衝であった。   
杜鵑啼血 : ほととぎすの啼き声は哀切で、
   血を吐くように聞こえるのでいう。
一声在月 : 藻風(江戸時代の俳人)の
   『さてはあの月が啼いたかほととぎす』の句を踏まえている。
    それがまた後徳大寺実定(さねさだ)の百人一首81首
   『ほととぎす啼きつる方を眺むればただ有明の月ぞ残れる』
    の歌からきている。
声 裡 : 声のする中。
離 人 : 故郷を離れた人。旅人。ここでは作者のこと。

★ 静軒は、同時代の横井小楠と親交があり、
 「小楠堂詩草」に横井小楠と唱和した詩が出ている
         ・・・ とのことです。

          

こちら によると、静軒の『人柄はとても陽気で、筆を執るのは大抵愉快な気分の時でした。死の間際にも数十字を書き、書き終わって筆を置き、「愉快!」と叫んで息を引き取ったといいます』とのことです。




    【 日本の絶句 】
   徳川景山 の 『 大楠公 』






戴 益 の 『 春を 探る 』

中国の絶句
12 /22 2017
続絶句編 250  
 2017年12月22日 続絶句編 161ページ

  春を 探る   戴 益
 尽日 春を 尋ねて 春を 見ず
 杖蔾 踏破す 幾重の 雲
 帰来 試みに 梅梢を 把って 看れば
 春は 枝頭に 在って 已に 十分


 はるを さぐる     たい えき
じんじつ はるを たずねて はるを みず
じょうれい とうはす いくちょうの くも
きらい こころみに ばいしょうを とって みれば
はるは しとうに あって すでに じゅうぶん

◆テキストの通釈によると、
一日中、春はどこかと尋ね歩いたが、
春景色には会わなかった。あかざの杖をついて、
幾重にも重なる雲を見ながら歩き尽くした。
帰ってから、ちょっと庭の梅の枝を手にとって見ると、
なんともはや、枝先の蕾がふくらんでいて、
春の気配を十分に感じることが出来た

    ・・・とのことです。

先生のお話によると、    
戴益については、宋代の人であること以外いっさい不明。
この一首が残されているのみである。

尽 日 : いちにちじゅう。
杖 蔾 : 藜(あかざ科の一年生の草木)の茎で作った老人用の杖。
踏 破 : 歩きぬくこと。≪破≫は強調の助字。
帰 来 : 帰って来ると。≪来≫は助字で、
   動詞のあとについて、~するとの意を表す。
       
         

★ 宋代は禅が盛んであった。 多くの禅僧が
 渡来しているから、禅宗的に解釈してみると、
 「真理(悟り)を探求して迷いに迷っても、
 どこに行ったら真理を見つけられるかは判らない。
 真理というものは、日常の生活の中にあるものである」
 とするのが判りよい。

★ メーテルリンクの童話にあったチルチルとミチルの
 「青い鳥」のように、真理は遠くにあるのではなく、
 最も手近な自分の心の中にあるのだ
       ・・・とのことです。





     【 中国の絶句 】
  杜 筍鶴 の 『夏日悟空上人の院に題するの詩』







徳川景山 の 『 大楠公 』

日本の絶句
12 /21 2017
絶句編テキスト
2017年12月21日 絶句編 60ページ  

   大楠公     徳川景山 
 豹は 死して 皮を 留む 豈 偶然ならんや
 湊川の 遺跡 水 天に 連なる
 人生 限り 有り 名は 尽くる 無し
 楠氏の 精忠 万古に 伝う
   
 だいなんこう   とくがわ けいざん
ひょうは しして かわを とどむ あに ぐうぜん ならんや
みなとがわの いせき みず てんに つらなる
じんせい かぎり あり なは つくる なし
なんしの せいちゅう ばんこに つとう


テキストの通釈によると、
あのけだもの豹でも死んだ後に美しい皮を残す。
まして人間が死んで美名をこの世に留めるのは
偶然であろうか、決して偶然なことではない。
(忠義を全うすれば、死後その名は永く人に
記憶されて、いつまでも世に残るものである)
南朝の忠臣楠木正成公の戦死を遂げた湊川の遺跡に
来てみれば、川の流れがはるかに遠く天に連なっている。
人の生涯には限りがあるが、立派な人物の名前は
この川の流れのようにいつまでも尽きないのであって、
楠公の純粋な忠義は、万古にわたって
わが国民の間に伝えられることであろう

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
徳川景山(1800~1860)は、水戸藩の第9代藩主。
景山は号で、徳川斉昭と名乗っていた。
江戸幕府第15代将軍、徳川慶喜の実父である。
三男だった斉昭は30才まで部屋住みであったが、
第8代藩主・斉脩が病死した後、家督を継いだ。

藩校・弘道館を設立、広く人材を登用することに努め、
戸田忠太夫、藤田東湖などを登用して藩政改革を行った。
大久保彦左衛門などと共に将軍のご意見番ともなっていた。

1853年、ペリーの浦賀来航の折、老中・阿部正弘の要請で
海防参与として幕政に関わったが、強硬な攘夷論を主張した。
1857年、阿部正弘が死後、開国を推進する井伊直弼と対立。
斉昭(景山)は、尊皇攘夷派の最たるものであったが、
安政の大地震で藤田東湖などのブレーンを失っている。

そして、第14代将軍をめぐって、井伊直弼らと争って敗れた。
直弼が大老となると、日米修好通商条約が調印され、
慶福(家茂)が第14代将軍となった。景山は直弼により
江戸水戸屋敷で謹慎を命じられ、幕府中枢から排除された。

さらに孝明天皇による密勅が水戸藩に下されたことに
井伊直弼が激怒し、水戸での永蟄居を命じられることになり、
事実上は政治生命を絶たれる形となった(安政の大獄)。
1860年、蟄居処分のまま、水戸にて61才で急逝した。
桜田門外の変から間もない時期であった。

          

豹死皮留 : 豹のような禽獣すら死後に美しい斑紋のある
   皮を残す。まして人は美しい名を後世に
   伝えなければならないという意。
豈偶然 : どうしてその美名が実なくして得られようか、
   得られるものではない。 「豈」は、反語。   
湊川遺跡 : 正成戦死の遺跡が攝津(兵庫県)の湊川にある。
限 有 : 人の一生には限りがある。

★ 水戸第三代藩主・水戸光圀(家康の孫・いわゆる黄門様)は
 『大日本史』の中で、楠木正成を忠臣とし、
 水戸魂・・・水戸の精神、忠誠心を唱えている。
★ 楠木正成を大楠公と呼ぶのに対し、子の正行を小楠公と呼ぶ
         ・・・ とのことです。




    【 日本の絶句 】
   徳川景山 の 『弘道館に梅花を賞す』






徳川景山 の 『弘道館に梅花を賞す』

日本の絶句
12 /21 2017
絶句編テキスト
2017年12月21日 絶句編 59ページ  

   弘道館に梅花を賞す    徳川景山 
 弘道館中 千樹の 梅
 清香 馥郁 十分に 開く
 好文 豈 威武 無しと 謂わんや
 雪裡 春を 占む 天下の 魁
   
 こうどうかんに ばいかを しょうす/strong>  とくがわ けいざん
こうどうかんちゅう せんじゅの うめ
せいこう ふくいく じゅうぶんに ひらく
こうぶん あに いぶ なしと いわんや
せつり はるを しむ てんかの さきがけ


テキストの通釈によると、
弘道館の中には、およそ千株もの梅の木がある。
その梅は、いま満開で清らかな香りが
ぷんぷんとあたりに漂っている。
昔、晋の武帝が学問を好むと梅の花が咲き、
学問を辞めると咲かなくなった故事から、
梅を好文木と称するようになったというが、
その一面、武の威力が梅にないといえようか。
あのきびしい寒中に雪を冒して独り咲き出でて、
天下の春の魁をなすのは、まさにこの花である

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
徳川景山(1800~1860)は、水戸藩の第9代藩主。
景山は号で、徳川斉昭と名乗っていた。
江戸幕府第15代将軍、徳川慶喜の実父である。
三男だった斉昭は30才まで部屋住みであったが、
第8代藩主・斉脩が病死した後、家督を継いだ。

藩校・弘道館を設立、広く人材を登用することに努め、
戸田忠太夫、藤田東湖などを登用して藩政改革を行った。
大久保彦左衛門などと共に将軍のご意見番ともなっていた。

1853年、ペリーの浦賀来航の折、老中・阿部正弘の要請で
海防参与として幕政に関わったが、強硬な攘夷論を主張した。
1857年、阿部正弘が死後、開国を推進する井伊直弼と対立。
斉昭(景山)は、尊皇攘夷派の最たるものであったが、
安政の大地震で藤田東湖などのブレーンを失っている。

そして、第14代将軍をめぐって、井伊直弼らと争って敗れた。
直弼が大老となると、日米修好通商条約が調印され、
慶福(家茂)が第14代将軍となった。景山は直弼により
江戸水戸屋敷で謹慎を命じられ、幕府中枢から排除された。

さらに孝明天皇による密勅が水戸藩に下されたことに
井伊直弼が激怒し、水戸での永蟄居を命じられることになり、
事実上は政治生命を絶たれる形となった(安政の大獄)。
1860年、蟄居処分のまま、水戸にて61才で急逝した。
桜田門外の変から間もない時期であった。

          

弘道館 : 水戸の藩学。文館と武館とがあった。
   文武両道が奨励され、戊辰戦争で焼けて一部しか残っていない。
馥 郁 : 香気盛んなさま。    
好 文 : 梅の異名を好文木という。
   晋(山西省)の武帝(司馬炎)が学問を好むと
   梅の花が咲き、学問を辞めると咲かなくなった
   故事から梅を好文木と称するようになった。
威 武 : 武帝の威力。
雪 裡 : 雪を冒して。
 魁  : 他に先んじる事。

★ 後楽園は、偕楽園、兼六園とともに三大名園とされる。
★ 徳川御三家としては最後の将軍だけが水戸藩から出た
         ・・・ とのことです。





    【 日本の絶句 】
   坂井虎山 の 『 泉岳寺 』






 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?