FC2ブログ

新井 白石 の 『 容 奇 』

日本の律詩
06 /29 2018
容 奇     新井 白石

 曽て 瓊鉾を 下して 初めて 雪を 試む
 紛々たる 五節 舞容 閑なり
 一痕の 明月 茅渟の 里
 幾片の 落花 滋賀の 山
 剣を 提げて 膳臣 虎跡を 尋ね
 簾を 捲いて 清氏 竜顔に 対す
 盆梅 剪り 尽して 能く 客を 留め
 済い 得たり 隆冬 無限の 艱


  ゆ き    あらい はくせき
かつて けいぼうを くだして はじめて ゆきを こころむ
ふんぷんたる ごせち ぶよう かんなり
いっこんの めいげつ ちぬの さと
いくへんの らっか しがの やま
けんを ひっさげて かしわで こせきを たずね
れんを まいて せいし りょうがんに たいす
ぼんばい きりつくして よく かくを とどめ
すくいえたり りゅうとう むげんの かん

先生のお話によると、
新井白石(1657~1725)は、江戸時代中期の学者・政治家。
白石は号で、本名は君美(きみよし)。 父は、
上総の国(千葉県)久留里・土屋家の家臣であった。
白石は、3才で父の読む儒学の書物をそっくり書き写し、
17才で、中江藤樹の『翁問答』を読み儒学を志したという。
21才で寺子屋を開いた。
26才で大老・堀田正俊に仕えたが、堀田が殿中で刺殺され、
白石は浪人となり、また寺子屋を開き、独学で儒学を学んだ。
その後、朱子学者・木下順庵に入門。
入門に当たって白石は束脩(入学金)を免ぜられ、
弟子というより客分として待遇されたという。
順庵の門下生には、室鳩巣など後に高名な学者になる者が
多く集まっていて、白石にとっては大変に有意義であった。

37才、木下順庵から甲府徳川家への仕官を推挙され、
甲府藩主・徳川綱豊(つなとよ)に仕えることになった。
綱豊は、子宝に恵まれなかった徳川5代将軍・綱吉の
世子となり、名を家宣(いえのぶ)と改め6代将軍となった。
家宣は、白石や間部詮房(まなべあきふさ)を側近とし、
正徳の治(せいとくのじ)と呼ばれる政治改革を行った。

53才で、白石は500石取りから1,000石に加増されたが
無役の旗本であったため、将軍・家宣からの諮問に
側用人・間部を通して白石が答えるという形を取った。
家宣のあと、7代将軍・家継(いえつぐ)が夭逝し、
8代将軍・吉宗となり、間部とともに白石も失脚した。
当時は一面に麦畑が広がるような千駄ヶ谷の地を
幕府より与えられて隠棲。晩年は不遇の中でも
著述と学問研究に明け暮れ、69才で没した。


詩の意味は、
太古の昔、イザナギノミコトとイザナミノミコトのお二人の神様が鉾をかき回してポトンと4滴たらしたら4つの点、日本列島が出来た。その時、草木などと同じように清浄な雪もお造りになられた。
天武天皇が芳野に行幸され、『五節の舞』をご覧になられたが、公家の娘3人と国司の娘2人らの舞姿は、雪が舞い散るように雅でもの静かであった。

 瓊 鉾 = 玉のぬぼこ
 五節の舞 = 新嘗祭
 
三日月に照らされて、茅渟の棲む大阪湾の白砂は雪のようであり、
滋賀の山々にとめどなく桜の花が散っているのは雪のようである。

 一痕の明月 = 三日月
 茅渟 = 大阪湾にいる魚、大阪湾を象徴する魚、黒鯛
 滋賀の山 = 天智天皇の時代に6年間、滋賀の
       近江に都があり、桜で有名であった。

欣明天皇(29代)の命令で、膳臣巴堤便(かしわでのおみはこび)という武士が百済に派遣されることになった。夜、子どもが居なくなった。その夜、大雪が降って、雪の上についた虎の足跡をたどって行ったら虎の穴に着き、膳臣は子どもの仇をうった。
一条天皇の皇后定子にお仕えしていた清少納言は、一条天皇の『香炉芳の雪はいかに?』という問いに対して簾を巻き上げた。(常日頃の勉学の努力なしに出来ることではない)
 
 膳臣の虎跡 = 日本書紀に載っている故事
 清少納言 =  父・清原元輔少納言であった
       当時は、白氏文集(白楽天の日記)に
       人気があり、その影響を受けていた。

鎌倉幕府執権だった北条時頼は出家したのち、身分を隠して諸国を旅した。佐野(今の栃木県)で大雪に遭い、関東武士・佐野源左衛門の家に泊めてもらった。源左衛門の家は貧しく、燃やすものもなく、大切にしていた
梅の盆栽を焚き木にして暖をとり客をもてなした。
厳しい寒さと苦難から時頼を救った雪にまつわる話である。

 佐野源左衛門 = 能の演目『鉢木』に出てくる人物。
    後に鎌倉幕府から動員命令が下り、源左衛門も駆け付け、
    雪の日に泊まった僧が、鎌倉幕府・北条5代目の執権、
    時頼であったことを知り、時頼から恩賞を与えられた。
 隆冬 = 厳寒
 艱  = かたい、むずかしい、けわしい
   
         ◆  ◆  ◆

この詩は、新井白石がさる身分の高い人に招待され
容奇の二文字を示され、作詩を依頼され、即興で、
雪にまつわる故事にたとえて作った詩である
   ・・・ とのことです。





   
     【日本の律詩】

   伊藤仁斎 の 『一乗寺に遊ぶ』






スポンサーサイト



第58回 全朗協 『吟と舞の集い』

全朗協
06 /24 2018
平成30(2018)年6月24日(日)10時から
江戸川区総合文化センターにて
全国朗吟文化協会主催による
第58回 全朗協 『吟と舞の集い』 が ありました。
第58回 全朗協 吟と舞の集い1

わが吟詠萠洲流からは次の14名が参加しました。

第一部(合吟の部)があり、

第二部(独吟その1)では、
  9、春日家に還る
 21、九月十三夜陣中の作 
 29、海 南 行
 31、酔うて祝融峰を下る
 39、静 夜 思
 
第三部(剣詩舞その1)

◆式典

第四部(会長・副会長・副理事長・地区代表者吟詠)
 58、初 夏 即 事 松岡萠洲先生

第五部(独吟その2)
 62、壇の浦夜泊
 71、九月十三夜陣中の作
 77、芳野に遊ぶ

第六部(剣詩舞その2)

第七部(独吟その3)
 87、平 泉 懐 古 
 95、春日家に還る
104、芳野に遊ぶ

◆構成吟 詩吟と舞で綴る
 ≪日本紀行(その2) 四国・山陽・山陰道を行く≫
 12、芳野に遊ぶ
 15、冬夜書を読む

第八部(少壮吟士吟詠)

第58回 全朗協 吟と舞の集い2
第58回 全朗協 吟と舞の集い松岡先生
今年度から、わが師匠 松岡萠洲先生が全朗協の
会長に就任され、式典にて ご挨拶をされました。

また、子どもたちによる 心なごむ舞いもありました。
子どもたちの舞い 小


         


私は 昨年 に続いて3回目の参加で、
朱熹 作 『酔うて祝融峰を下る』でした。

今年も、帰りには、参加した女性たちに花束を
いただきました。 持ち帰って室内に活けて
10日間ほども楽しませていただきました。

 


      【全朗協】
  平成28年度 『吟と舞』 会員の集い

 






伊藤 仁斎 の 『一乗寺に遊ぶ』

日本の律詩
06 /22 2018
一乗寺に遊ぶ   伊藤 仁斎

 秋色 蒼茫 翠微に 上り
 雲は 老樹に 交わり 雁 初めて 飛ぶ
 山園 柿 熟し 烏 銜んで 去り
 渓澗 蕈 稠く 人 負うて 帰る
 市 遠ければ 看ず 塵の 漠々たるを
 林 深ければ 只 見る 霧の 霏々たるを
 尋ねんと 欲す 他日 身を 棲ましむる 処
 比叡 山前 野水の 磯


 いちじょうじに あそぶ    いとう じんさい
しゅうしょく そうぼう すいびに のぼり
くもは ろうじゅに まじわり かり はじめて とぶ
さんえん かき じゅくし からす ふくんで さり
けいかん きのこ おおく ひと おうて かえる
まち とおければ みず ちりの ばくばくたるを
はやし ふかければ ただ みる きりの ひひたるを
たずねんと ほっす たじつ みを すましむる ところ
ひえい さんぜん やすいの いそ

先生のお話によると、
伊藤 仁斎(1627~1705)は、江戸時代の儒学者・思想家。
京都堀川町の材木商の家に生まれたが、家を継がないで
29才で隠棲、30代の頃、胸部疾患で闘病生活を送り、
その中、36才で家塾・古義堂を立ち上げた。
当時、儒学の中には朱子学・陽明学などいろいろな学派が
あったが、伊藤仁斎は、孔子や孟子の古典を直接に学んで
原点に戻るべきとする 古学派の代表的存在であった。
どの藩にも仕官せず、町の学者として最後まで通し、
79才で没し、その弟子は3000人を超えた。
40才を過ぎてから結婚、52才で妻に先立たれ、
その数年後に再婚した。仁斎の5人の男子は皆
すぐれた儒学者となった。

詩の意味は、
秋の気配は青々として広大で、瓜生山の中腹から
7~8合目位まで上って、さらに上を仰ぎ見ると、
雲は老樹にたれて、今年初めて雁が列をなして飛んでいく。

 一乘寺 = 京都市左京区一乗寺町
 瓜生山 = 一乘寺から目の前に見える山
 翠 微 = みどり(翠)が微かになってくる山の七・八合目付近

山間の家の近くには熟した柿がなっていて、
その柿を烏が口に銜えて飛び去っていく。
谷川近くでは、香りが漂ってくるほど沢山の蕈(しめじか?)が
生えているのか、人が採って背中の籠に入れて帰っていく。

 山 園 = 山の家の庭、または畑
 銜 = 口に含む、銜える
 溪 澗 = 谷川
 蕈 = 茸(きのこ)、湿地(しめじ)

町から遠く離れているので、馬車や人があげる
塵や埃もなく、清らかで美しく、清浄そのものであり、
林が深いため、ただ厚く漂っている霧だけが見える。
 
 漠 々 = 遠く果てしないさま
 霏 々 =  深く立ち込めているさま

将来、隠棲する地を探すとしたら、比叡山前、
一乗寺近く、野水の磯(河原)の辺りが良いかなと思う。

 尋ねんと欲す = もし聞かれたら、こう答える
    
         ◆  ◆  ◆

この詩は、伊藤仁斎が71才の時の作である
   ・・・ とのことです。


  【 感 想 】
当時の人たちの寿命などを考えると、仁斎が71才で
『 将来 隠棲するとしたら、このように自然豊かな地を
探したい』という気持ちになったことがすごいと思いました。





   
     【日本の律詩】

   石川 丈山 の 『 幽居 即事 』






石川 丈山 の 『 幽居 即事 』

日本の律詩
06 /15 2018
幽居 即事   石川 丈山

 山気 人世に 殊なり
 常に 含む 太古の 情
 四時 雲樹の 色
 一曲 澗泉の 声
 雨は 鶯衣を 湿して 重く
 風は 蝶袖を 暄めて 軽し
 詩を 為り 老に 至ると 雖も
 未だ 鬼神をして 驚かしめず


 ゆうきょ そくじ   いしかわ じょうざん
さんき じんせいに ことなり
つねに ふくむ たいこの じょう
しいじ うんじゅの いろ
いっきょく かんせんの こえ
あめは おういを うるおして おもく
かぜは ちょうしょうを あたためて かろし
しを つくり ろうに いたると いえども
いまだ きしんをして おどろかしめず

先生のお話によると、
こちら にもありますが、
石川丈山(1583~1672)は江戸時代初期の武将、文人。
三河・泉郷(現 安城市和泉町)出身の武士で、
家康の近侍(きんじ)を務めていた。1815年、33才の時
大坂夏の陣で抜け駆けをし、大将の首を二つとったが、
軍令に反していたため、家康から武士の資格を剥奪され
浪人となって、京都の妙心寺に隠棲していた。
35才の時、林羅山のすすめで藤原惺窩に師事して
儒学を学ぶ。丈山は、仕官を断っていたが、
母が病気となり、紀州・浅野家に仕官する。
浅野家が安芸(広島)に転封となり、丈山も
安芸に移り住んだが、母が亡くなり、54才で
京都に戻った。59才で京都郊外の比叡山の麓
一乗寺村に凹凸窠を造った。ここに中国36人の
文人の画を描かせて飾ってあったことから
詩仙堂とも呼ばれた。丈山は、
90才で亡くなるまでここに住んだ。

詩の意味は、
山間の風気は人世(俗世界)とは異なっていて、
常に、昔ながらの俗人に汚されない風情をたずさえている。

 殊 = 異
 山 = 比叡山のこと
 
春夏秋冬の四季、雲のたたずまいや
樹木の色合いの中に、聞こえてくる音楽と言えば、
谷間に澗泉の音色ばかりが響いている。

 四時=この場合は、四季をいう

春雨は、鶯の衣(羽)をしっとりと湿して重くし、
春風は、孵ったばかりの蝶の袖(羽)を温め、軽やかである。
 
 暄めて=暖めて、温めて

詩をつくるようになって久しいが、老いに至っても、
未だに鬼神を感激させるほどの詩をつくることはできていない。

 老いに至る=久しくなる
 鬼神=目に見えない神
    
         ◆  ◆  ◆

自然を愛し、花を愛でた 石川丈山らしい詩である。
詩仙堂の正式な名称は 『六々山詩仙堂丈山寺』
一乗寺村は、宮本武蔵が吉岡道場の門弟らと闘った地でもある
   ・・・ とのことです。


   
     【日本の律詩】

   菅原 道真 の 『 九月十五夜 』






菅原 道真 の 『 九月十五夜 』

日本の律詩
06 /08 2018
九月 十五夜   菅原 道真

 黄萎の 顔色 白霜の 頭
 況んや 復 千余里外に 投ぜらるるをや
 昔は 栄華 簪組に 縛せられ
 今は 貶謫 草萊の 囚と 成る
 月光は 鏡に 似たるも 罪を 明かにする 無く
 風気は 刀の 如くなるも 愁いを 断たず
 見るに 随い 聞くに 随うて 皆 惨慄
 此の 秋は 独り 我が 身の 秋と 作る


 くがつ じゅうごや   すがわらの みちざね
こういの がんしょく はくそうの こうべ
いわんや また せんよりがいに とうぜらるるをや
むかしは えいが しんそに ばくせられ
いまは へんたく そうらいの しゅうと なる
げっこうは かがみに にたるも つみを あきらかにする なく
ふうきは かたなの ごとくなるも うれいを たたず
みるに したがい きくに したごうて みな さんりつ
この あきは ひとり わがみの あきと なる

先生のお話によると、
原題は、『 秋夜(九月十五夜)』である。
詩の意味は、
自分は身に覚えのない罪によって左遷され、
いっきに年老いて顔のつやもなくなり、髪も霜のように真っ白、
その上、都から千余里も離れた地に放逐されてしまった。

 黄萎=黄色に萎えしぼんだ木の葉の事。
     黄は、黄葉・黄落・凋落など、年老いて
     落ち目・黄昏。萎は萎縮の萎。
 白霜=白髪。
 
昔は栄華をきわめた高貴な地位にあって、
個人的に自由になる時間などなかったが、
今は理由もなしに、この草深い僻地に身を置かれ、
あり余る時間の中に、思うことは募っていくばかりである。

 簪組=簪は冠が落ちないようにとめておくピン(笄)
     組は冠につける紐(ひも)のことで、役人の象徴。
     役人・高官であることに束縛されていた。  
 貶謫=罪のため官位を下げられ遠ざけられること、左遷。
 莱 = アカザという雑草

月光は明るく鏡のように照り輝いているが、
私の無罪をはらしてくれることはない。自然の風気は、
全てのものを刀のように鋭く薙ぎ払うかのようであるが、
その風気も私の愁いを断ち切ってはくれない。

    (白楽天の詩からの形容)

見るもの、聞くものすべての風物が
みな、すさまじく身震いするほどである。
この秋は、愁いがわが身一身に集められたような
淋しい秋となった。

 惨慄=ひどく身震いするように恐ろしい
     
         ◆  ◆  ◆

道真が大宰府に流されたのが、延喜元年(901年)の一月で
この詩は、その年の九月に詠んだとされているが、それから
一年半後の延喜三年(903年)二月に、道真は亡くなっている
   ・・・ とのことです。


   

     【日本の律詩】

   菅原 道真 の 『 門を出でず 』

    菅原 道真 『 秋思の詩 』
    菅原 道真 『 九月十日 』







 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?