FC2ブログ

菅 茶山 の 『 赤馬が関 懐古 』

日本の律詩
07 /27 2018
赤馬が関 懐古     菅 茶山

 蜑雨 茫々たり 海上の 村
 水浜 何れの 処か 英魂を 問わん
 秖 聞く 波底に 皇居 在るを
 誰か 信ぜん 人間に 老仏の 存するを
 鷁首 還らず 楚沢を 悲しみ
 鵬程 際なく 厓門に 接す
 腥風 吹断す 蓬窓の 夢
 島樹 汀雲 鬼気 昏し


  あかまがせき かいこ     かん ちゃざん
たんう ぼうぼうたり かいじょうの むら
すいひん いずれの ところか えいこんを とわん
ただ きく はていに こうきょ あるを
たれか しんぜん じんかんに ろうぶつの そんするを
げきしゅ かえらず そたくを かなしみ
ほうてい かぎりなく がいもんに せっす
せいふう すいだんす ほうそうの ゆめ
とうじゅ ていうん きき くらし


先生のお話によると、
菅 茶山(1748~1827)は江戸時代中~末期の漢詩人。
茶山は号で、本名は、晋帥(ときのり)。
備中(岡山県)、神辺町(現・広島県福山市)の出身。
山陽道の宿場町の農家に生まれる。
京都で学んで、31才の時、神辺に私塾・
黄葉夕陽村舎(こうようせきようそんしゃ)を開き、
誰でもが学べ、貧富による差別のない社会を望んだ。

福山藩の藩校は弘道館であったが、藩主に認められ
49才の時、私塾が福山藩の郷校として認められ、
廉塾(れんじゅく)と改称した。
頼 山陽 も ここで学んでいる。
茶山は、福山藩の儒官ともなって弘道館にも出講。
詩集『黄葉夕陽村舎詩』が刷られている。


 詩の意味は、
漁師の里に降る雨が、茫々と辺り一面
かつての古戦場・海上の村にも広がっている。
壇の浦の水辺、合戦で亡くなった英雄たちの魂を
いったい何処に尋ねたら良いだろうか?

 蜑 雨 = 蜑 は、中国の港、広東州・福建省辺りの漁師
     ここでは、漁師の里という意味に使われている。
 英 魂 = 壇の浦の合戦で亡くなった英雄たちの魂
    
ただ聞くことができるのは、海底に皇居があるということを。
そして、誰が信ずることができるであろうか、
明の建文帝が逃れて老仏と名を変えて、市井に隠れていた伝説と同じく、
安徳帝が人間に身を隠されたと言う故事は信ずる事は出来ない。
 
 皇 居 = 二位の尼(平清盛の妻・時子)が
    『海底にも都がある』と言って、幼い安徳天皇を
    抱いて入水したとと言われている。
 老 仏 = 老僧の尊称
    極貧の農民出の明の初代皇帝・朱元璋が亡くなり、
    朱元璋の孫の朱允炆(しゅいんぶん)=建文帝が
    16歳で即位したが、叔父の燕王に攻められ、南京が
    陥落した時、建文帝の遺体が見つからなかった。
    そのため、建文帝が僧侶に変装し、雲南・ベトナム
    方面に逃げたのではないかという説がある。 
    燕王・朱棣は、朱元璋の弟で、建文帝の叔父、
    明の三代目の皇帝・永楽帝となった。

西周の昭王の鷁首の船の帰還しなかった楚の沼沢の故事も悲しい事であり、
懐いは遠く、南宋の幼帝・衛王が厓門で入水した伝説に馳せ、安徳帝の悲運が偲ばれる。
 
 鷁 首 = 天子が乗る りっぱな船。
    竜頭鷁首、鷺に似た鳥、竜の飾り物→船の守り神
    紀元前1050年、西周の4代・昭王が楚の国を
    攻める途中、鷁首の船が行方不明となった。
    楚の国の沼とか沢に沈んで亡くなったという説がある。
 鵬 程 = 鵬が飛ぶ里程、鵬の一飛びは九万里と言われる。 
 厓 門 = 南宗が元に亡ぼされた時、最後に陥落したのが厓門。
    南宗末期の重臣・文天祥、張世傑とともに三忠臣と言われた
    陸秀夫が、厓山の戦いでは、まだ8才だった衛王をかかえて
    入水したという故事がある。安徳帝の悲運とも重なる。
        
生臭い風で、船の中で見る夢も断ち切られてしまい、
われに返ってみると島の樹木も、汀にかかっている雲も
鬼気がただよっていて、昏く思われることだ。

 腥 風= 生臭い風。壇の浦の戦いで多くの死者が出ている。
 蓬 窓 = 苫を下ろした船の窓 
    ・・・ とのことです。

        ◆  ◆  ◆

◆ 菅 茶山 については、
   『生田に 宿す』
   『冬夜 書を 読む』   でも ご覧いただけます。





     【日本の律詩】

   柴野 栗山 の 『 富士山を 詠ず 』






スポンサーサイト



柴野 栗山 の 『 富士山を 詠ず 』 

日本の律詩
07 /20 2018
 富士山を 詠ず     柴野 栗山

 誰か 東海の 水を 将って
 濯い 出す 玉芙蓉
 地に 蟠まって 三州 尽き
 天に 挿んで 八葉 重なる
 雲霞 大麓に 蒸し
 日月 中峰を 避く
 独立 原 競うこと 無く
 自ら 衆岳の 宗と 為る


  ふじさんを えいず     しばの りつざん
たれか とうかいの みずを もって
あらい いだす ぎょくふよう
ちに わだかまって さんしゅう つき
てんに さしはさんで はちよう かさなる
うんか たいろくに むし
じつげつ ちゅうほうを さく
どくりつ もと きそうこと なく
おのずから しゅうがくの そうと なる


先生のお話によると、
柴野 栗山(1736~1807)は、江戸時代の儒学者・文人。
讃岐国(現:香川県)で生まれた。家の近くにある
八栗山(やくりざん・307m)から号をつけた。
18才の頃、江戸に出て、湯島聖堂・昌平黌で学び、
32才の頃、徳島藩に儒学者として仕えるようになり、
徳島藩主・蜂須賀重喜と共に江戸に赴き、そのあと
京都にて学び、53才で昌平黌の教官となる。
50才を過ぎた頃、老中松平定信から呼び出され、
幕府に仕えるようになり、寛政の改革に伴って
『寛政異学の禁』では指導的立場となり、
朱子学以外を禁止する強い主張を通した。
湯島聖堂の最高責任者ともなり、74才にて没す。

詩の意味は、
いったい誰が、東海の水でもって、
玉の芙蓉のような富士山を洗い清めたのであろうか。
(天地万物を創造する神のなされたことのようだ)

 将って = 用いて
 芙 蓉 = 富士山の頂上には八つの峰があって
   八ひらの花びらをもつ蓮(=芙蓉)に例えている

大地に深くどっしりと広がり、三州(甲斐・相模・駿河)にまたがり、
その頂が天にまで高くそびえている様子は、まさに
芙蓉の八枚の花弁が重なり合っているかのように見える。

 蟠まる = 蛇がとぐろを巻く裾野がしっかり広がっているさま。
 三 州 = 甲斐(山梨)・相模(神奈川)・駿河(静岡)の三州
 插んで = 分け入って

雲や霞は、広大な裾野から湧き上がり、
日や月は、中央の峰(最高峰)を避けて通るかのようだ。
 
 蒸 し = 水蒸気などが湧き上がる
 中 峰 = 中央の高い峰 
        
すっくと聳える独立峰・富士山は、外に競うものも無く
自然と、多くの峰々の宗本山とも言える存在である。

  原 = そのさま
 衆 岳 = たくさんの山々、多くの峰々 
  
         ◆  ◆  ◆

『寛政異学の禁』で指導的立場となった 柴野 栗山は、
古学派など諸学派の反発がある中でも、その政策を
強く押し通した
   ・・・ とのことです。





     【日本の律詩】

   太宰 春台 の 『 寧楽 懐古 』






太宰 春台 の 『 寧楽 懐古 』

日本の律詩
07 /13 2018
  寧楽 懐古     太宰 春台

 南土 茫々たり 古帝城
 三条 九陌 自ら 縦横
 籍田 麦 秀でて 農人 度り
 馳道 蓬 生じて 賈客 行く
 細流 低く 垂れて 常に 恨を 惹き
 閑花 歴乱として 竟に 情 無し
 千年の 陳迹は 唯 蘭若 
 日暮 呦々として 野鹿 鳴く


  なら かいこ     だざい しゅんだい
なんと ぼうぼうたり こていじょう
さんじょう きゅうはく おのずから じゅうおう
せきでん むぎ ひいでて のうじん わたり
ちどう よもぎ しょうじて こかく ゆく
さいりゅう ひくく たれて つねに うらみを ひき
かんか れきらんとして ついに じょう なし
せんねんの ちんせきは ただ らんにゃ
にちぼ ゆうゆうとして やろく なく


先生のお話によると、
太宰 春台(1680~1747)は江戸時代中期の儒学者・経世家。
信濃国飯田生まれ。春台は号で、本名は純。
父が藩主から改易され、浪人となり一家で
江戸へ出た。春台は苦学して学問を修め、
15才で、但馬出石藩の松平氏に仕えた。
21才で官を辞し、10年間、畿内を遊学する。
30才で大阪にて結婚。32才で江戸に戻った。
友人の紹介で荻生徂徠の門に入り、
36才の時、本格的に研究・執筆活動に入り、
江戸の小石川に塾・紫芝園を開き、多くの門人を集めた。
1747年、68才、江戸にて没した。

詩の意味は、
(京都から)南の地にある奈良に来てみれば、
かつて栄えた平城京であるが、草が茫々、
(江戸時代から見ても)はるか遠い昔の古帝城。
南北に走る三すじの道、東西に走る九すじの道が
碁盤の目のように整然と縦横に整備されている。

 三 条 = 三本の通り、三本の南北に走る道
 九 陌 = 九本のあぜみち、九本の東西に走る道
 三条九陌 = たくさんの街路

天子が祭りごとのためお造りになった耕作地に
今は麦が伸びていて、農民が野面を歩いて行き、
天子がその昔、行幸などでお通りになった道には
行商人たちが行き交っている。

 籍 田 = 天子の耕作地
 馳 道 = 天子が行幸などの折に通られた道
 賈 客 = 物売、行商人  

かつて貴人たちが愛でたであろう柳が、昔と
変わらずに枝を低く垂らして、常に恨みを
惹き起こしているように思われる。そして、
心静かに咲いている花(しだれ桜か)は、古都を
なつかしむような感情は持っていないであろう。
 
 閑 花 = のどかに咲いている花
 歴 乱 = 咲き乱れているさま 
        
1000年前の旧跡は、ただ寺院しか残っていない。
日暮れになると、ゆうゆうと野生の鹿が鳴き、
その声が、いっそう侘しさをつのらせる。

 陳 迹 = 古跡、旧跡 
 蘭 若 = 梵語(古代インドの言葉)東大寺などの寺院
 呦 々 = 鹿の鳴き声(淋しい感じを強める)
  
         ◆  ◆  ◆

太宰 春台は、経世(経世済民)家として経学をさらに発展させ、
    日本に『経済』という言葉を広めた人物でもある
   ・・・ とのことです。


【 感 想 】
 現在の奈良は、落ち着いた古都の風格のある街並みですが
 江戸時代の頃には、草が茂って、荒れ果てた侘しい感じに
 なっていたのかな~と思いました。




   
     【日本の律詩】

   室 鳩巣 の 『琵琶湖上の作』






室 鳩巣 の 『琵琶湖上の作』

日本の律詩
07 /06 2018
琵琶湖上の作     室 鳩巣

 琵琶湖上 水 空に 連なる
 万里 虚無 目撃の 中
 畳波 天を 涵して 迭いに 高下し
 群山 地を 分って 各 西東
 孤村の 遠樹 図画 迷い
 百尺の 長橋 彩虹 飛ぶ
 独り 覚ゆ 芳州の 逸興を 生ずるを
 知らず 此の 意 幾人か 同じき


  びわこじょうのさく    むろ きゅうそう
びわこじょう みず そらに つらなる
ばんり きょむ もくげきの うち
じょうは てんを ひたして たがいに こうげし
ぐんざん ちを わかって おのおの さいとう
こそんの えんじゅ とが まよい
ひゃくしゃくの ちょうきょう さいこう とぶ
ひとり おぼゆ ほうしゅうの いっきょうを しょうずるを
しらず この こころ いくにんか おなじき


先生のお話によると、
室 鳩巣(1658~1734)は、江戸時代中期の儒学者。
医者を商いとしていた室玄樸の子として、
武蔵国谷中村(現・台東区谷中)で生まれた。
15才で金沢藩に仕え、藩命で京都の木下順庵に師事。
新井白石と共に順庵の門下生(木門)の秀才と言われた。
1711年、新井白石の推挙で、江戸幕府の儒学者となり、
徳川家宣、家継、吉宗の3代に仕え、吉宗の時代には
享保の改革を補佐した。1734年、77才にて死去。

詩の意味は、
琵琶湖のほとりに立って見渡せば、
湖面の水は空にまで連なって、どこまでも
目に映るものは茫々としていて何もない。

 虚 無 = 茫々として何もない
 目 撃 = 目に映る、目に見える
 
押し寄せる幾重もの波は、天をゆるがすばかりで
波が高くなったり低くなったり、うねり寄せてくる。
多くの山々は一国の地を二分して西東に分れている。

 畳 波 = 折り重なって押し寄せる波
 群 山 = 多くの山々。 ここでは
   東岸の伊吹山など、西岸の比良山など

遠くに見える人里離れた村の樹々は
画ではないかと思われるほどに美しく、
百尺もあるかのような長い橋が、色あざやかに
虹がかかっているかのように目に映ってくる。
 
 弧村遠樹 = 唐崎の松の絶景をさす
 百尺長橋 =  瀬田の大橋をさす
       
ひとり、芳しく香る草の生える美しい中州を眺めて
味わいのある趣きが湧いてきて、心躍らされている。
けれども、自分と同じようにな心持ちになる人は
いったい何人いるだろうか? それは、分らない。

 芳 洲 = 芳しい花や草の生える中州。
    杜若(かきつばた)が咲いていたと思われる。
 逸 興 = 格別の興味
    
         ◆  ◆  ◆

朱子学は、徳川家康が林羅山を登用し、綱吉の時代に湯島聖堂が建設されて栄えたが、古学派、古文辞学派、折衷学派などが流行ったこともあって朱子学は不振となっていた。
松平定信が老中となると寛政異学の禁が発令され、林家の門人や幕府の儒官が古文辞学や古学を学ぶことを禁じ、林家の湯島聖堂への影響力をも抑制した
   ・・・ とのことです。



 【 感 想 】
室 鳩巣(1658~1734)は、新井白石(1657~1725) に推挙されて幕府の儒学者となり、こちら によると、≪徳川家宣、家継、吉宗の3代に仕え、幕府より駿河台に屋敷を与えられ献策と書物の選進、吉宗期にはブレーンとして享保の改革を補佐する。湯島聖堂において朱子学の講義を行い・・・≫とのこと。

一方、新井白石は、吉宗により失脚となり、こちら によると、≪神田小川町の屋敷も没収され・・・幕府より与えられた千駄ヶ谷の土地に隠棲した・・・当時は・・・一面に麦畑が広がるような土地だった・・・≫ とのこと。

一才違いで、木門の秀才と言われた二人ですが、どちらも精一杯に、この時代を生き抜いたのかな~と思います。



   

     【日本の律詩】

   新井 白石 の 『 容 奇 』






 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?