FC2ブログ

張 籍 の 『 秋 思 』

中国の絶句
08 /25 2017
続絶句編 250  
 2017年8月25日 続絶句編 146ページ

  秋 思   張 籍
 洛陽 城裏 秋風を 見る
 家書を 作らんと 欲して 意 万重
 復 恐る 怱々 説き 尽くさざるを 
 行人 発するに 臨んで 又 封を 開く


 しゅうし  ちょうせき
らくよう じょうり しゅうふうを みる
かしょを つくらんと ほっして い ばんちょう
また おそる そうそう とき つくさざるを
こうじん はっするに のぞんで また ふうを ひらく

◆テキストの通釈によると、
都 洛陽に逗留するうちに、いつか秋風が
吹きはじめ、木々の葉をひるがえす様子が見える。
郷里が恋しくなり、家への手紙を書こうと思うが、
積もる思いがあれこれ湧き起こる。
慌てて書いたので、言い落としは無いかと
また気がかりになって、ことづけをする旅人が
出発するとき、もう一度、封を開いて見直した。

    ・・・とのことです。

先生のお話によると、    
張 籍は、中唐の詩人。生没年は不明であるが、
799年、進士に合格している(34~35才か?)
ともに古文復興運動をした韓愈(かんゆ)の
推薦によって、国子博士から国子司業に至った。

洛 陽 : 唐の東都。当時、唐の首都は長安だった。
秋風見 : 西晋の張翰(ちょうかん)の故事。
   張翰は洛陽で宮仕えをしていたが、
   ある年のこと秋風が吹き始めたのを見て、
   故郷の呉(蘇州)を思い出し、官職を捨てて
   郷里に帰ってしまった。
家 書 : 家への手紙。
 意  : こころ。
万 重 : 思いがあれやこれやと重なること。     
怱 々 : あわただしいこと。
説不尽 : 言い残しがある。
行 人 : 手紙を託すべき旅人を言う

『秋思』は楽府題で、張籍は、同じく
楽府題である『涼州詞』も3題作っている
         ・・・とのことです。

    ◆  ◆  ◆

楽府題 とは、こちら に よると、
「楽府(がくふ)」とは、もともと漢の武帝の時代に
設けられた音楽の役所の名称である。
楽府では宮廷の祭祀に関わる歌を扱うほか、
民間歌謡を集めて風俗人事を知り、
政治に役立てるという職務もあった。
やがてそこで採用された民間の歌謡や
新しく作られた曲が「楽府(がふ)」と呼ばれるようになった。
楽府は最初の作者によって詩と主題と楽曲が決められ、
後世の人々はその主題と楽曲を踏襲しながら
同じ題でいわゆる「替え歌」を作った・・・
  ・・・とのことです。     




  【 中国の絶句 】
 張 継 の 『重ねて楓橋に宿す』







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?