FC2ブログ

草場佩川 の 『山行同志に示す』

日本の絶句
09 /29 2017
絶句編テキスト

2017年9月29日 絶句編 50ページ  

   山行 同志に 示す    草場 佩川 
 路は 羊腸に 入って 石苔 滑かなり 
 風は 鞋底より 雲を 掃うて 廻る
 山に 登るは 恰も 書生の 業に 似たり
 一歩 歩 高うして 光景 開く
   
 さんこう どうしに しめす   くさば はいせん

みちは ようちょうに いって せきたい なめらかなり
かぜは あいていより くもを はろうて めぐる
やまに のぼるは あたかも しょせいの ぎょうに にたり
いっぽ ほ たこうして こうけい ひらく


テキストの通釈によると、
山頂に通ずる路が、まるで羊の腸のように
曲りくねった所になると、日の差さぬ石には
苔がむして足も滑り易く、風は草鞋で歩む足の
下の方から、雲を吹き払いながら旋回して行く。
こうして苦労しながら山に登るのは、例えてみれば、
まったく学生の勉強のようなものであって、一歩一歩
高まるごとに、眼界が遠く広くなることである。

   ・・・とのことです。

先生のお話によると、
羊 腸 : 羊の腸のように山路の屈曲したさま。
   九折(つづらおり)
鞋 底 :草鞋(わらじ)の底。足元。
書生業 : 学生の勉学。
光 景 : 景色。

★草場佩川(1787~1867)は、江戸時代末期の儒学者。
肥前の国・佐賀藩多久町出身。名は韡(さかえ)。
父は佐賀藩の重臣であったが早くに亡くなる。
母に和歌を習い、8才で東原庠舎(とうげんしょうしゃ)に入門。

18才の時に、邑主((領主)多久茂鄰(しげちか)の
命によって、佐賀藩校弘道館に入る。23才の時に、
多久茂鄰に従って江戸に出て、古賀精里に学んだ。
24才の時に、佐賀に戻って、多久家の儒官となり、
東原庠舎で教えた。
48才の時に、佐賀藩弘道館教諭となった。
昌平黌教授として招聘を受けたが、辞退し、
73才で、弘道館教授に就任。享年81。

佩川が教諭・教授を務めた弘道館からは
大隈重信、副島種臣、大木喬任、
江藤新平らが輩出している。

射、馬、剣、槍、などの術、文人画・漢詩にも優れ、
生涯における作品数は15000にも及ぶ。
これは、日記を書くのに詩を持ってした為で、
天災地変・年中行事・官界や世間に於ける
出来事などが詩題となっている
        ・・・ とのことです。




    【 日本の絶句 】
   頼 山陽 の 『楠公子に訣るるの図に題す』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?