FC2ブログ

梁川星巌 の 『常盤孤を抱くの図に題す』

日本の絶句
10 /31 2017
絶句編テキスト

2017年10月31日 絶句編 54ページ  

   常盤孤を抱くの図に題す    梁川 星巌 
雪は 笠檐に 灑いで 風 袂を 捲く 
呱々 乳を 覓むるは 若為の 情ぞ
他年 鉄枴 峰頭の 嶮
三軍を 叱咤するは 是れ 此の 声
   
 ときわこをいだくのずにだいす   やながわ せいがん
ゆきは りゅうえんに そそいで かぜ たもとを まく
ここ ちちを もとむるは いかんの じょうぞ
たねん てっかい ほうとうの けん
さんぐんを しったするは これ このこえ


テキストの通釈によると、
雪は絶え間なく、常盤の笠のひさしに降りそそぎ、
膚をつんざく寒風は、常盤の袂を巻き上げる。
(今若・乙若の手を引き、牛若を懐に抱いて、追っ手を
逃れてさまよう常盤の姿は見るも痛ましい。
牛若は空腹を訴えて)おぎゃあ おぎゃあと泣き叫びながら
乳房を探し求めているが、どんな気持ちでいるのか
わからないだけに、かえって不憫である。
やがて時移り(源氏は平家追討の軍を進め)
けわしい鉄枴峰上に立って、大音声を揚げ、
大軍を指揮して鵯越(ひよどりごえ)を一気に駆け下り、
たちまち平家の軍勢を打ち破った大将の
あの大音声こそ、寒風の中で乳を探し求めて
泣いているこの声に他ならないのである

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
梁川星巌が35~36才の頃、文政6年から7年にかけて
100日余の間、安芸(広島県)方面に旅をし、三原に
滞在した折、四条派の女流画家・玉葆(ぎょくほう)
が描いた図、常盤御前が7才・5歳の今若・乙若を伴い
1才の牛若を抱き、逃れて行く大和路(奈良県)における
雪中苦難のさまを描いた図を見て詠んだ詩である。

常 盤 : 九条院の雑仕(雑役、雑役婦)であったが、
   源 義朝の妾となり三児を生んだ。
   義朝は『平治の乱』に藤原信頼に味方して
   藤原信西・平 清盛と戦って敗死し、その子
   三男の頼朝は、伊豆に流された。
   常盤は難を逃れて三児の今若(当時7才)
   乙若(5才)の手を引き、牛若(1才)を抱いて
   大和(奈良県)竜門の里に隠れた。
   清盛は常盤の母を捕えて常盤の行方を追及した。
   常盤は母を救うため三児を連れて京都に赴き、
   母と三児の命乞いをした。時に常盤は23才であった。
   清盛はその容色に心を動かし、常盤を
   妾とする条件で、その願いを受入れた。
   常盤は、清盛の寵が衰えた後、藤原長成に嫁した。
笠 檐 : 編み笠のひさし。ふちの部分をいう。
呱 々 : 赤児の泣き声の形容。
若為情 : どんな心持なのか赤児のことなので、
   なにもわからないだろうにとの意。
他 年 : 後年。この時(永暦元年)から25年後の
   『一の谷の合戦』(寿永3年)の事をいう。
鉄枴峰 : 摂津(兵庫県)の六甲山に属する峰。
   義経が一の谷の平家の陣屋に奇襲をかけた時、
   「逆おとし」を試みた鵯越はこの峰にある。
三 軍 : 大軍。周の制度で12,500人を一軍といい、
   三軍は大諸侯の軍隊をいうが、転じて大軍の意に用いる。
   天子の軍は、六軍(りくぐん)で75,000人である
          ・・・ とのことです。


こちら からの転載によると、
星巌とその妻・紅蘭は又従兄妹にあたる。江戸から故郷に帰った星巌は、村の子供たちを集めて、「梨花村草舎」と称する塾の様なものを開いた。そこに通っていた中に紅蘭もいた(当時14歳)。紅蘭は星巌の才学、人となりを慕って、進んで妻になることを父に請うたと言われている。
星巌32歳、紅蘭17歳の年に結婚をする。ところが結婚後すぐに星巌は、「留守中に裁縫をすること、三体詩を暗誦すること」を命じて旅に出てしまう。それから3年後、帰ってきた星巌を迎えた紅蘭は、命ぜられた三体詩の暗誦をやってのけたばかりでなく、一首の詩を詠んでいる。
   階前栽芍薬。堂後蒔當歸。
   一花還一草。情緒兩依依。

 : きざはしの前には芍薬を植え、座敷のうしろには當歸をまきました(どちらも薬用植物だが、〈當歸〉は〈まさにかえるべし〉と訓読できるので、〈きっと帰ってくるだろう〉の意味がこめられている)。
花には私の姿をうつし、草には私の心を込めて。ああ、私の想いは、この花とこの草に離れたことはありませぬ。
星巌の放浪癖はその後も変わらなかったものの、これ以降は当時としては珍しく、妻を同伴して旅をするようになったという
    ・・・ とのことです。





    【 日本の絶句 】
   梁川星巌 の 『 芳野懐古 』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?