FC2ブログ

橋本左内の 『獄中の作』

日本の絶句
10 /16 2015
     続絶句編 250

     2015年10月9日 続絶句編 69ページ

   獄中の作  橋本 左内

 二十六年 夢の 如く 過ぐ
 顧みて 平昔を 思えば 感 滋 多し
 天祥の 大節 嘗て 心折す
 土室 猶 吟ず 正気の 歌

   にじゅうろくねん ゆめのごとく すぐ
     かえりみて へいせきを おもえば かん ますます おおし
     てんしょうの たいせつ かつて しんせつす
     どしつ なお ぎんず せいきの うた



テキストの通釈によると、
≪二十六年の生涯は、まるで夢のように過ぎてしまった。
 過ぎ去った日々を振り返れば、感慨はいよいよ多い。
 かの 『文天祥』 の守り抜いた節義には常々感服していたが、
 今こうして 『文天祥』 と同じように土牢の中に囚われていると、
 土牢の中で悠然と 『生気歌』 を吟じていた人となりが、
 ますます慕わしく思われるのである。≫



★先生のお話と、ネット情報 に よると、
橋本左内は、1834年、越前国に生まれる。
16才で大坂に出て、適塾で医者の緒方洪庵に学ぶ。
21才で江戸に行き、英語、ドイツ語にも理解をもった。
福井藩士で医者でもあった父の死後、家督を継ぐ。
24才で江戸に呼ばれ、藩主・松平慶永(春嶽)の侍読(御用掛)となる。
江戸幕府14代将軍をめぐる将軍継嗣問題では、春嶽を助けて、
一橋慶喜 擁立運動を展開し、幕政の改革を訴えた。

1859年(安政6年)、紀州 慶福(家茂)を推す 井伊直弼が
大老となり、安政の大獄が始まり、一橋派は敗北。
藩主である松平慶永(春嶽)は、隠居謹慎を命じられる。

橋本左内は、将軍継嗣問題に介入したことを問われて
頼三樹三郎と共に、伝馬町 牢屋敷で斬首となった。
享年26。 
左内の、松平慶永(春嶽)への誠忠の念は強く、
在獄中も、終始主家へ災いの及ぶことを恐れた。
墓は、福井市の善慶寺に隣接する左内公園と、
長州の吉田松陰などとともに南千住の回向院にもある。
本名は綱紀(つなのり)、号は景岳、黎園。 左内は通称。

・・・とのことです。




    【 絶 句 】

武市半平太 の 『獄中の作』




スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?