FC2ブログ

戴 益 の 『 春を 探る 』

中国の絶句
12 /22 2017
続絶句編 250  
 2017年12月22日 続絶句編 161ページ

  春を 探る   戴 益
 尽日 春を 尋ねて 春を 見ず
 杖蔾 踏破す 幾重の 雲
 帰来 試みに 梅梢を 把って 看れば
 春は 枝頭に 在って 已に 十分


 はるを さぐる     たい えき
じんじつ はるを たずねて はるを みず
じょうれい とうはす いくちょうの くも
きらい こころみに ばいしょうを とって みれば
はるは しとうに あって すでに じゅうぶん

◆テキストの通釈によると、
一日中、春はどこかと尋ね歩いたが、
春景色には会わなかった。あかざの杖をついて、
幾重にも重なる雲を見ながら歩き尽くした。
帰ってから、ちょっと庭の梅の枝を手にとって見ると、
なんともはや、枝先の蕾がふくらんでいて、
春の気配を十分に感じることが出来た

    ・・・とのことです。

先生のお話によると、    
戴益については、宋代の人であること以外いっさい不明。
この一首が残されているのみである。

尽 日 : いちにちじゅう。
杖 蔾 : 藜(あかざ科の一年生の草木)の茎で作った老人用の杖。
踏 破 : 歩きぬくこと。≪破≫は強調の助字。
帰 来 : 帰って来ると。≪来≫は助字で、
   動詞のあとについて、~するとの意を表す。
       
         

★ 宋代は禅が盛んであった。 多くの禅僧が
 渡来しているから、禅宗的に解釈してみると、
 「真理(悟り)を探求して迷いに迷っても、
 どこに行ったら真理を見つけられるかは判らない。
 真理というものは、日常の生活の中にあるものである」
 とするのが判りよい。

★ メーテルリンクの童話にあったチルチルとミチルの
 「青い鳥」のように、真理は遠くにあるのではなく、
 最も手近な自分の心の中にあるのだ
       ・・・とのことです。





     【 中国の絶句 】
  杜 筍鶴 の 『夏日悟空上人の院に題するの詩』







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?