FC2ブログ

蘇 軾 の 『 湖上に 飲す 』

中国の絶句
01 /26 2018
続絶句編 250  
 2018年1月26日 続絶句編 165ページ

   湖上に 飲す   蘇 軾
 水光 瀲灧として 晴れ 偏えに 好く
 山色 空濛として 雨も 亦 奇なり
 若し 西湖を 把って 西子に 比せば
 淡粧 濃抹 総べて 相宜し


 こじょうに いんすく     そ しょく
すいこう れんえんとして はれ ひとえに よく
さんしょく くうもうとして あめも また きなり
もし せいこを とって せいしに ひせば
たんしょう のうまつ すべて あいよろし

テキストの通釈によると、
湖上を照らす日の光で、きらきらと
水面が輝く晴れた西湖の景色は美しい。
あたりの山が、ぼんやりとけぶって見える
雨の西湖もまた、格別の趣があってよい。
もしも、この西湖のさまを、あの美女の西施に
比べて見るならば、薄化粧でも、濃化粧でも
どちらも似合うように、西湖も晴雨どちらも美しい。

    ・・・とのことです。

先生のお話によると、    
蘇 軾(1037~1101)は、北宋を代表する詩人、政治家、文章家、書家。
蘇東坡(そとうば)とも呼ばれる。

蜀(四川省)眉州眉山(眉山市)の出身である。
1057年、22才のときに弟・蘇轍(そてつ)19才とともに進士に合格。
合格後、地方官を歴任し、英宗の時に中央に入るが、
神宗の時代になり、国政の改革が王安石を中心になされ、
蘇軾は、欧陽脩・司馬光らとともに、これに反対したため、
辺鄙な土地へ名ばかりの官名を与えられて追放された。

最初の追放は1079年、蘇軾44才で抗州の通判(副知事)。
この時の知事・陳襄(ちんじょう)に招かれ、舟の上で
即興で作った二首連作の2首目がこの『湖上に飲す』で
初め晴れ、後雨降る というサブタイトルがついている。

2回目の左遷は、黄州(湖北省黄州区)で、この時の
黄州での生活は足かけ5年にも及び、自ら、荒地を
開墾するほどの苦難の生活であった。
1085年、神宗が死去し、旧法派が復権し、
蘇軾も、50才で中央の官界に復帰し、
翰林学士などを経て、礼部尚書(大臣=長官)に昇進。

新法を全て廃止しようとする宰相・司馬光に対して、
新法でも理に適った法律は存続させるべきであると
主張して司馬光と対立し、旧法派の内部でも孤立する。
さらに1094年、再び新法派が力を持ったため、
蘇軾は3回目の左遷、恵州(現在の広東省)に流され、
62才の時には海南島にまで追放された。

66才の時、哲宗が死去し、徽宗が即位して、
新旧両党の融和が図られ、ようやく許されたが、
都に向かう途中に病に倒れ、常州(現在の江蘇省)で死去した。

瀲 灧 : 水面がきらめくさま。
   瀲=水があふれる様子。 灧=なまめかしい。
 偏  : いやがうえにも。普通の程度を超えて。
空 濛 : ぼんやりと、けぶっているさま。。
 奇  : すばらしい。珍しい。
西 湖 : 杭州(浙江省)の町の西にある湖。周囲約15kmほど。。
西 子 : 西施のこと。
   春秋時代、越の国(今の浙江省)の絶世の美女。
淡 粧 : 薄い化粧。
濃 抹 : 濃い化粧。 抹=ぬる。
       ・・・とのことです。  
   
         


★ 王安石の新法に対して、蘇軾が旧法を支持していた
  のはどうしてなのかな~と残念に思っていましたが、
  新法に組しないことで何回も左遷をされ、最後には
  新法の好い面を取り入れようと主張したことで
  旧法派からも批判を受けたとか・・・
  こちら に よると、蘇軾の生き方や人柄について
  とても興味と好感が持ててきました。




     【 中国の絶句 】
  王 安石 の 『 初夏即事 』







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?