FC2ブログ

菊池 渓琴 の 『三樹の酒亭に遊ぶ』

日本の絶句
11 /30 2017
絶句編テキスト

2017年11月30日 絶句編 57ページ  

   三樹の 酒亭に 遊ぶ    菊池 渓琴 
 烟り 濃やかに 山 淡くして 晴沙に 映ず
 日 落ちて 春楼 細雨 斜なり
 朦朧たり 三十六峰の 寺
 箇々の 鐘声 緩やかに 花を 出ず
   
 さんじゅの しゅていに あそぶ/strong>   きくち けいきん
けむり こまやかに やま あわくして せいさに えいず
ひ おちて しゅんろうに さいう ななめなり
もうろうたり さんじゅうろっぽうの てら
ここの しょうせい ゆるやかに はなを いず


テキストの通釈によると、
春の一日、心通う友達とうち連れて、
鴨川のほとり三本木の酒楼に上れば、
靄が濃く立ち込めてきて、山色が淡く薄れ、
晴天の川砂の明るさとの対象が美しい。
やがて日が沈むと楼外は小雨となり、細かい雨足が
斜めに降り、わずかに風が吹いているようだ。
おぼろに霞む東山三十六峰の寺々から、
晩鐘の音が一つ一つ、ゆるやかに
花の雲の間から洩れ聞こえてくるのである

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、

菊池 渓琴(1799~1881)は、幕末から明治にかけての漢詩人。
紀伊栖原(和歌山県有田郡湯浅町)の代々の
豪農・豪商の家に生れ、兄が仏門に入ったので、
13才のとき、父に連れられて江戸に出て、
家業の砂糖・薬問屋を継ぎ、大窪詩仏に学んだ。

1836年、 天保の飢饉のときには私財を投じ、
坂の改善や、港の修復など、失業対策事業で窮民を救済する。

           

三樹酒亭 : 京都鴨川のほとりの三本木の料理屋。
晴 沙 : 晴天の河原の砂。    
朦 朧 : ぼんやりとして、はっきりしないこと。
三十六峰 : 京都東山。

★ この詩の正式な題は、
『三樹の酒亭にて摩島子毅と同じく賦す」である。
 ※ 摩島子毅 (ましましき・号は松南、摂津の人)

★ 50才以降の作であろうと言われているこの句は
・起承転結の運びにより、時間の推移による 
 景色の変化を見せている。
・起句は、淡彩の山と日ざしの明るい川原を
 対映させており、
 承句では、いつしか日も暮れて降り出す小雨、
 転句では、その雨にけぶる三十六峰のあちこちの寺、
 それを受けて結句では、花の雲間からゆるやかに
 鳴り出でる寺々の鐘の音に耳を澄ます
 という光景をよく詠じている
         ・・・ とのことです。





    【 日本の絶句 】
   菊池 渓琴 の 『 河 内 路 上 』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?