FC2ブログ

袁 凱 の 『京師にて家書を得たり』

中国の絶句
03 /16 2018
続絶句編 250  
 2018年3月16日 続絶句編 171ページ

  京師にて家書を得たり   袁 凱
 江水 三千里
 家書 十五行
 行々 別語 無く
 只 道 早く 郷に 帰れと


 けいしにて かしょを えたり   えん がい
こうすい さんぜんり
かしょ じゅうごぎょう 
ぎょうぎょう べつご なく
ただ いう はやく きょうに かえれと

テキストの通釈によると、
長江の流れは三千里。
家族からの手紙はたった十五行。
どの行にもほかの言葉はなく、
ただ、早く故郷に帰れとあるばかり

    ・・・とのことです。

先生のお話によると、    
袁 凱 は、元から明にかけての詩人。生没年不詳。
浙江省 の人。 元末に府吏となり、
明に入って洪武年間に御史になった。
御史は、百官の裁判を司る官で、
    皇帝の秘書官のような職。

京 師 : 都。明朝時代の都は「南京」であった。
家 書 : 家族からの手紙。
江水三千里 : 「南京」と、袁凱の故郷「華亭」(江蘇省)は
   そんなに遠くない。ただ気持の上での三千里なのだろう。
家書十五行 : 中国の書簡箋は一枚が十五行であるから、たったの二枚。
別 語 : ほかの言葉。
   
               

★ 明を起こした初代皇帝 朱 元璋=洪武帝は
極貧の農民から皇帝にまで上った人で、
≪重農抑商≫の政策など、行動力、決断力
などに優れていたが、猜疑心や被害妄想心
が強く、自分の子孫を残すために
つぎつぎと重臣たちを粛清していった。
錦衣庸(きんいよう=スパイ)を庶民の中に
送りこみ、陰惨な恐怖政治を行った。

★ ある時、洪武帝から囚人の取調べについて、
どちらが是であるかと袁凱は質問された。
洪武帝の取調べや判決はきびしく、
皇帝見習いである皇太子・標(ひょう)の処に
回ると減刑される事が多かったので、
「陛下は法の正であり、東宮(皇太子)は心の慈である」
と答えたが、洪武帝は気に入らなかった。袁凱は、
「老獪にして両端を持す」どちら付かずの歯切れの悪さを
憎まれたと気づき、急いで狂人の真似をして退職し、
故郷に帰って危地を脱して天寿を全うする事が出来た。
この詩の背景には、このような事情がある。

★ ちなみに、中国の長い歴史の中で
農民から皇帝になったのは、洪武帝と
漢の時代の劉邦との二人だけである
         ・・・とのことです。  




   【 中国の絶句 】
  方 岳 の 『 雪 梅 』







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?