FC2ブログ

村上 仏山 の 『壇の浦を過ぐ』

日本の絶句
02 /26 2018
絶句編テキスト

2018年2月26日 絶句編 70ページ  

   壇の浦を過ぐ    村上 仏山 
 魚荘 蟹舎 雨 煙と 為る
 蓑笠 独り 過ぐ 壇の浦の 辺
 千載の 帝魂 呼べども 返らず
 春風 腸は 断つ 御裳川
   
 だんのうらを すぐ   むらかみ ぶつざん
ぎょそう かいしゃ あめ けむりと なる
さりゅう ひとり すぐ だんのうらの ほとり
せんざいの ていこん よべども かえらず
しゅんぷう はらわたは たつ みもすそがわ


テキストの通釈によると、
見渡せば、漁師の小屋が点々と折からの雨に
霞んでいる。ここ壇の浦の辺りを自分は
ただひとり蓑笠をつけて通っているのである。
あの幼い安徳天皇が御入水遊ばされてから早千年、
いくらお呼びしても御魂はお帰りにならないのである。
いま春風そよぐ御裳川のほとりにたたずめば、
当時のことがしのばれて腸はちぎれるばかりである
 
     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
村上 仏山(1810~1879) 江戸後期から明治にかけての漢詩人。
豊前(福岡県東部~大分県)稗田村、
名は剛(つよし)。代々大庄屋だったが、
筑前(福岡県北西部)で亀井明陽に儒学を学んだ。
26才で脚気を患い帰郷し、私塾水哉園を開いた。
温厚であったため1500名の塾生がいた。
その後、生涯に渡って稗田村から外に出ることなく
70才で歿。,田園詩人として知られ、
白楽天や蘇東坡に傾倒した。

壇の浦 : 山口県の下関市の東端にある。
   平家滅亡の地として知られる古戦場で、
   その際、御年八歳の安徳天皇が入水された。
魚 荘 : 漁夫の家。「荘」は田舎の家を意味する。
蟹 舎 : 魚荘と同じ。
蓑 笠 : みのとかさ。これを着けて雨や雪を防ぐ。
   今で言うレインコート。
千 載 : 「載」は年の意。千年。長い年月。
   およそ700年前。
帝 魂 : 安徳天皇(81代)の御魂。
御裳川 : 壇の浦に注ぐ小川の名。

★ 平清盛の妻 時子は、清盛亡き後は、実子の宗盛や建礼門院徳子の母として、平家の家長たる存在となった。壇ノ浦の戦いでは、徳子が生んだ幼い安徳天皇を抱いて「浪の下にも都の候ぞ」(『平家物語』)と言い聞かせて海中に身を投じたと言われている
     ・・・ とのことです。





    【 日本の絶句 】
   藤井 竹外 の 『花朝 澱江を 下る』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?