FC2ブログ

日柳 燕石 の 『 春 暁 』

日本の絶句
03 /26 2018
絶句編テキスト

2018年3月26日 絶句編 74ページ  

   春 暁      日柳 燕石 
 花気 山に 満ちて 濃やかなること 霧に 似たり
 嬌鴬 幾囀 処を 知らず
 吾が 楼 一刻 価 千金
 春宵に 在らず 春曙に 在り
   
 しゅんぎょう    くさなぎ えんせき
かき やまに みちて こまやかなること きりに にたり
きょうおう いくてん ところを しらず
わが ろう いっこく あたい せんきん
しゅんしょうに あらず しゅんしょに あり


テキストの通釈によると、
花の気は山に満ち、いっぱいに
霧がたちこめているかのよう。
鴬の声が美しくなまめかしく聞こえてくるが、
どこで鳴いているのかわからない。
自分の住むこの楼上からの眺めは
「一刻価千金」ともいうべきであるが、
それは春の宵のことではなく、春のあけぼのを
いうのではあるまいかと思われる
 
     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
日柳 燕石(1817~1868)は、江戸時代末期の志士。
讃岐国の榎井(えない)村(現・香川県琴平町)の出身。
名は政章、燕石は号。父は加島屋惣兵衛で豪農。
13歳で琴平(松尾村)の医師・三井雪航に学んだ他、
経史・詩文、国学・歌学を学び、詩文、書画をよくした。

榎井村は幕府の天領で豪商・豪農が多く、文化度も高かった。
全国から金毘羅大権現 松尾寺に参詣客が訪れ、情報も集まり、
豪農で育った燕石は、幼いときから儒学の勉強に励み、
14才頃までには「四書五経」を読破した。
21才で父母に死別し、家督を相続。

33才頃まで遊俠したことで、千人を超える徒の首領となり、
博徒の親分としても知られていた。また勤王の志士と交わり
私財を投げ出して尽力。幕吏に追われた志士を庇護した。
1865年、高杉晋作をかくまい、逃亡させたことから、
4年間、高松の獄に幽閉され、1868年正月20日に出獄。
赦免を受けて京都に上り、桂小五郎(木戸孝允)らと共に
朝廷のために仕事するが、会津征討の史官に任じられ
北陸に従軍。投獄がもとで同年、越後柏崎で病没した。
52才であった。墓は柏崎と、郷里榎井にある。

嬌 鴬 : 媚びるようになまめいた鴬の声。
幾 囀 : さえずり。小鳥などが細い声で鳴き続けること。
一 刻 : 15分。ほんの短い時間。
千 金 : 漢代に黄金一斤を一金といった。
   千金は非常に高価なことをいう。
春 曙 : 春のあけぼの。春暁に同じ。

★燕石は、蘇軾の『春夜』(春宵一刻価千金)をとらず、
 清少納言の『枕草子』(春はあけぼの)をとっている。
★ 燕石の≪楼≫は、二階で酒を呑むと、金毘羅宮がある
 象頭山が盃に映るため、“象頭山を呑む”意気を
 示す「呑象楼(どんぞうろう)」と名づけられていた
     ・・・ とのことです。



    【 日本の絶句 】
   釈 月性 の 『将に東遊せんとして壁に題す』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?