FC2ブログ

菅原 道真 の 『 門を出でず 』

日本の律詩
05 /25 2018
門を 出でず   菅原 道真

 一たび 謫落せられて 柴荊に 在りしより
 万死 兢々たり 跼蹐の 情
 都府楼は 纔かに 瓦色を 看
 観音寺は 只 鐘声を 聴く
 中懐 好し 孤雲を 逐うて 去り
 外物 相逢うて 満月 迎う
 此の地 身に 検繫 無しと 雖も
 何為れぞ 寸歩も 門を 出でて 行かん


 もんを いでず   すがわらの みちざね
ひとたび たくらくせられて さいけいに ありしより
ばんし きょうきょうたり きょくせきの じょう
とふろうは わずかに がしょくを み
かんのんじは ただ しょうせいを きく
ちゅうかい よし こうんを おうて さり
がいぶつ あいおうて まんげつ むこう
このち みに けんけい なしと いえども
なんすれぞ すんぽも もんを いでて ゆかん


◆ 先生のお話によると、
菅原 道真(845~903)については こちら にもありますが、
平安時代の学者・政治家で、文章博士でもあった。
宇多天皇(59代)に認められて、宮中に上がり、
醍醐天皇が13才で即位した折、右大臣となった。
この時、藤原時平が左大臣となった。
道真 55才、時平 27才であった。

当時は、藤原氏一門が外戚となって摂関政治が
行われていた。藤原氏一門の当主である
藤原時平による醍醐天皇への讒言により
901年1月、道真は大宰府に左遷され、
その2年後の3月に59才で亡くなった。
役職は名ばかりの太宰権師(だざいのごんのそつ・大宰府副長官)であった。
浄妙寺(榎寺)は、謹慎生活に入った処です。

・5行目 

・6行目 …、

・他は良いと思いますが、気が付いたら連絡します。
詩の意味は、
自分は身に覚えのない罪によって左遷され、
今は柴や荊で作られた狭い家にこもり
門を閉じて外と交際しない状態である。
罪は万死に価し、身の置き所がない思いでいる。

 讁落=左遷される。讁はとがめられること。
 柴荊=柴や荊でつくった粗末な家。
 跼蹐=跼天蹐地 頭が天に触れないよう身をかがめ
     堅い土の上も抜き足で歩く

都府楼(役所の高殿)は、木々の間から
わずかに瓦の色をあおぎみるのみであり、
近くにあるのに一度も訪ねたことのない
観音寺の鐘の音をただただ聴くだけである。

 観音寺=大宰府にある天台宗の観世音寺  
 浄妙寺(榎寺)は、謹慎生活に入った処

青空に浮かぶ一片の白雲が去るように、浮世のことは忘れて
自分で自分を責め、外界の事象のすべてに対して
満月が無心に万物を照らし迎えるような円満な心である。

 中懐=自分の心の中に抱きもつ感情
 外物=白楽天の詩の影響を受けている。

この地にいて、わが身に束縛されるものは一切
無いとはいえ、どうして、門を出て行くことができようか、
自分は一寸たりとも門を出て行くことはしない。

 検繫=束縛されるもの
 何為れぞ=どうして~だろうか、いや~ではない
      ・・・ とのことです。


こちら に よると、
・・・大宰府での生活は厳しいもので、「大宰員外帥」と呼ばれる名ばかりの役職に就けられ、大宰府の人員として数えられず、大宰府本庁にも入られず、給与はもちろん従者も与えられなかった。住居として宛がわれたのは、大宰府政庁南の、荒れ放題で放置されていた廃屋(榎社)で、侘しい暮らしを強いられていたという。また、時平の差し向けた刺客が道真を狙って謫居周辺を絶えず徘徊していたという。
謫居には、左遷時に別れをあまりにも悲しみ慕われたため仕方なく連れてきた姉紅姫、弟隈麿幼い2人の子供がいた。『菅家後集』「慰少男女詩」で親子で励ましあって一緒に生活していたことが綴られている。また、2人を連れて館のまわりを散歩していると、小さな池にたくさんの蛙がおり、親兄弟が揃ってにぎやかに鳴き声をあげていた。その声を聞いていた道真が、離れ離れになった家族のことなどを思い出して一首詠むと、歌を聞いた池の蛙たちは、不遇な道真たちの心を察したのかこののち鳴かなくなったという伝承がある。
しかし、902年秋頃に弟の隈麿が他界、数か月後に左遷時に病床にあった妻も他界し、その10日後に道真も他界した。残された紅姫は、亡き父から託された密書を四国にいる長兄菅原高視に届けるために密かに大宰府をたった。藤原氏の追手が迫る中、若杉山麓に身を潜め、山上の若杉太祖神社に守護を祈願したが、いつしか刺客にみつかり、篠栗の地で非業の最期を遂げたという。現在は、紅姫稲荷神社に紅姫天王という稲荷神として祀られている。
・・・自分のみじめな姿を見に来る野次馬への苦痛、自分の心が狂想におちいってること、仏に合掌して帰依し座禅を組んでいること、言論封殺のため自由に詩を作ることを禁じられたこと、自身の体が痩せこけ白髪が増えていってることや、着物が色あせていくこと、政敵の時平一派にたいする憤り、かつて天皇へ忠誠を誓ったことへの後悔、捏造された罪状が家族・親戚まで累が及ぶことと、過去の功績の抹殺にたいしての痛恨と悲憤を綴っている。
・・・梅ヶ枝餅は道真が大宰府へ員外師として左遷され悄然としていた時に、老婆が道真に餅を供しその餅が道真の好物になった、或いは道真が左遷直後軟禁状態で食事もままならなかったおり、老婆が軟禁部屋の格子ごしに梅の枝の先に餅を刺して差し入れたという伝承が由来とされる。
         ・・・ とのことです。
   



       【日本の律詩】

   菅原 道真 の 『 秋思の詩 』






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?