FC2ブログ

新井 白石 の 『 容 奇 』

日本の律詩
06 /29 2018
容 奇     新井 白石

 曽て 瓊鉾を 下して 初めて 雪を 試む
 紛々たる 五節 舞容 閑なり
 一痕の 明月 茅渟の 里
 幾片の 落花 滋賀の 山
 剣を 提げて 膳臣 虎跡を 尋ね
 簾を 捲いて 清氏 竜顔に 対す
 盆梅 剪り 尽して 能く 客を 留め
 済い 得たり 隆冬 無限の 艱


  ゆ き    あらい はくせき
かつて けいぼうを くだして はじめて ゆきを こころむ
ふんぷんたる ごせち ぶよう かんなり
いっこんの めいげつ ちぬの さと
いくへんの らっか しがの やま
けんを ひっさげて かしわで こせきを たずね
れんを まいて せいし りょうがんに たいす
ぼんばい きりつくして よく かくを とどめ
すくいえたり りゅうとう むげんの かん

先生のお話によると、
新井白石(1657~1725)は、江戸時代中期の学者・政治家。
白石は号で、本名は君美(きみよし)。 父は、
上総の国(千葉県)久留里・土屋家の家臣であった。
白石は、3才で父の読む儒学の書物をそっくり書き写し、
17才で、中江藤樹の『翁問答』を読み儒学を志したという。
21才で寺子屋を開いた。
26才で大老・堀田正俊に仕えたが、堀田が殿中で刺殺され、
白石は浪人となり、また寺子屋を開き、独学で儒学を学んだ。
その後、朱子学者・木下順庵に入門。
入門に当たって白石は束脩(入学金)を免ぜられ、
弟子というより客分として待遇されたという。
順庵の門下生には、室鳩巣など後に高名な学者になる者が
多く集まっていて、白石にとっては大変に有意義であった。

37才、木下順庵から甲府徳川家への仕官を推挙され、
甲府藩主・徳川綱豊(つなとよ)に仕えることになった。
綱豊は、子宝に恵まれなかった徳川5代将軍・綱吉の
世子となり、名を家宣(いえのぶ)と改め6代将軍となった。
家宣は、白石や間部詮房(まなべあきふさ)を側近とし、
正徳の治(せいとくのじ)と呼ばれる政治改革を行った。

53才で、白石は500石取りから1,000石に加増されたが
無役の旗本であったため、将軍・家宣からの諮問に
側用人・間部を通して白石が答えるという形を取った。
家宣のあと、7代将軍・家継(いえつぐ)が夭逝し、
8代将軍・吉宗となり、間部とともに白石も失脚した。
当時は一面に麦畑が広がるような千駄ヶ谷の地を
幕府より与えられて隠棲。晩年は不遇の中でも
著述と学問研究に明け暮れ、69才で没した。


詩の意味は、
太古の昔、イザナギノミコトとイザナミノミコトのお二人の神様が鉾をかき回してポトンと4滴たらしたら4つの点、日本列島が出来た。その時、草木などと同じように清浄な雪もお造りになられた。
天武天皇が芳野に行幸され、『五節の舞』をご覧になられたが、公家の娘3人と国司の娘2人らの舞姿は、雪が舞い散るように雅でもの静かであった。

 瓊 鉾 = 玉のぬぼこ
 五節の舞 = 新嘗祭
 
三日月に照らされて、茅渟の棲む大阪湾の白砂は雪のようであり、
滋賀の山々にとめどなく桜の花が散っているのは雪のようである。

 一痕の明月 = 三日月
 茅渟 = 大阪湾にいる魚、大阪湾を象徴する魚、黒鯛
 滋賀の山 = 天智天皇の時代に6年間、滋賀の
       近江に都があり、桜で有名であった。

欣明天皇(29代)の命令で、膳臣巴堤便(かしわでのおみはこび)という武士が百済に派遣されることになった。夜、子どもが居なくなった。その夜、大雪が降って、雪の上についた虎の足跡をたどって行ったら虎の穴に着き、膳臣は子どもの仇をうった。
一条天皇の皇后定子にお仕えしていた清少納言は、一条天皇の『香炉芳の雪はいかに?』という問いに対して簾を巻き上げた。(常日頃の勉学の努力なしに出来ることではない)
 
 膳臣の虎跡 = 日本書紀に載っている故事
 清少納言 =  父・清原元輔少納言であった
       当時は、白氏文集(白楽天の日記)に
       人気があり、その影響を受けていた。

鎌倉幕府執権だった北条時頼は出家したのち、身分を隠して諸国を旅した。佐野(今の栃木県)で大雪に遭い、関東武士・佐野源左衛門の家に泊めてもらった。源左衛門の家は貧しく、燃やすものもなく、大切にしていた
梅の盆栽を焚き木にして暖をとり客をもてなした。
厳しい寒さと苦難から時頼を救った雪にまつわる話である。

 佐野源左衛門 = 能の演目『鉢木』に出てくる人物。
    後に鎌倉幕府から動員命令が下り、源左衛門も駆け付け、
    雪の日に泊まった僧が、鎌倉幕府・北条5代目の執権、
    時頼であったことを知り、時頼から恩賞を与えられた。
 隆冬 = 厳寒
 艱  = かたい、むずかしい、けわしい
   
         ◆  ◆  ◆

この詩は、新井白石がさる身分の高い人に招待され
容奇の二文字を示され、作詩を依頼され、即興で、
雪にまつわる故事にたとえて作った詩である
   ・・・ とのことです。





   
     【日本の律詩】

   伊藤仁斎 の 『一乗寺に遊ぶ』






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?