FC2ブログ

菅 茶山 の 『 赤馬が関 懐古 』

日本の律詩
07 /27 2018
赤馬が関 懐古     菅 茶山

 蜑雨 茫々たり 海上の 村
 水浜 何れの 処か 英魂を 問わん
 秖 聞く 波底に 皇居 在るを
 誰か 信ぜん 人間に 老仏の 存するを
 鷁首 還らず 楚沢を 悲しみ
 鵬程 際なく 厓門に 接す
 腥風 吹断す 蓬窓の 夢
 島樹 汀雲 鬼気 昏し


  あかまがせき かいこ     かん ちゃざん
たんう ぼうぼうたり かいじょうの むら
すいひん いずれの ところか えいこんを とわん
ただ きく はていに こうきょ あるを
たれか しんぜん じんかんに ろうぶつの そんするを
げきしゅ かえらず そたくを かなしみ
ほうてい かぎりなく がいもんに せっす
せいふう すいだんす ほうそうの ゆめ
とうじゅ ていうん きき くらし


先生のお話によると、
菅 茶山(1748~1827)は江戸時代中~末期の漢詩人。
茶山は号で、本名は、晋帥(ときのり)。
備中(岡山県)、神辺町(現・広島県福山市)の出身。
山陽道の宿場町の農家に生まれる。
京都で学んで、31才の時、神辺に私塾・
黄葉夕陽村舎(こうようせきようそんしゃ)を開き、
誰でもが学べ、貧富による差別のない社会を望んだ。

福山藩の藩校は弘道館であったが、藩主に認められ
49才の時、私塾が福山藩の郷校として認められ、
廉塾(れんじゅく)と改称した。
頼 山陽 も ここで学んでいる。
茶山は、福山藩の儒官ともなって弘道館にも出講。
詩集『黄葉夕陽村舎詩』が刷られている。


 詩の意味は、
漁師の里に降る雨が、茫々と辺り一面
かつての古戦場・海上の村にも広がっている。
壇の浦の水辺、合戦で亡くなった英雄たちの魂を
いったい何処に尋ねたら良いだろうか?

 蜑 雨 = 蜑 は、中国の港、広東州・福建省辺りの漁師
     ここでは、漁師の里という意味に使われている。
 英 魂 = 壇の浦の合戦で亡くなった英雄たちの魂
    
ただ聞くことができるのは、海底に皇居があるということを。
そして、誰が信ずることができるであろうか、
明の建文帝が逃れて老仏と名を変えて、市井に隠れていた伝説と同じく、
安徳帝が人間に身を隠されたと言う故事は信ずる事は出来ない。
 
 皇 居 = 二位の尼(平清盛の妻・時子)が
    『海底にも都がある』と言って、幼い安徳天皇を
    抱いて入水したとと言われている。
 老 仏 = 老僧の尊称
    極貧の農民出の明の初代皇帝・朱元璋が亡くなり、
    朱元璋の孫の朱允炆(しゅいんぶん)=建文帝が
    16歳で即位したが、叔父の燕王に攻められ、南京が
    陥落した時、建文帝の遺体が見つからなかった。
    そのため、建文帝が僧侶に変装し、雲南・ベトナム
    方面に逃げたのではないかという説がある。 
    燕王・朱棣は、朱元璋の弟で、建文帝の叔父、
    明の三代目の皇帝・永楽帝となった。

西周の昭王の鷁首の船の帰還しなかった楚の沼沢の故事も悲しい事であり、
懐いは遠く、南宋の幼帝・衛王が厓門で入水した伝説に馳せ、安徳帝の悲運が偲ばれる。
 
 鷁 首 = 天子が乗る りっぱな船。
    竜頭鷁首、鷺に似た鳥、竜の飾り物→船の守り神
    紀元前1050年、西周の4代・昭王が楚の国を
    攻める途中、鷁首の船が行方不明となった。
    楚の国の沼とか沢に沈んで亡くなったという説がある。
 鵬 程 = 鵬が飛ぶ里程、鵬の一飛びは九万里と言われる。 
 厓 門 = 南宗が元に亡ぼされた時、最後に陥落したのが厓門。
    南宗末期の重臣・文天祥、張世傑とともに三忠臣と言われた
    陸秀夫が、厓山の戦いでは、まだ8才だった衛王をかかえて
    入水したという故事がある。安徳帝の悲運とも重なる。
        
生臭い風で、船の中で見る夢も断ち切られてしまい、
われに返ってみると島の樹木も、汀にかかっている雲も
鬼気がただよっていて、昏く思われることだ。

 腥 風= 生臭い風。壇の浦の戦いで多くの死者が出ている。
 蓬 窓 = 苫を下ろした船の窓 
    ・・・ とのことです。

        ◆  ◆  ◆

◆ 菅 茶山 については、
   『生田に 宿す』
   『冬夜 書を 読む』   でも ご覧いただけます。





     【日本の律詩】

   柴野 栗山 の 『 富士山を 詠ず 』






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?