FC2ブログ

地域のコンクール、二回目の参加

コンクール
03 /27 2016
お稽古に参加して 二年が過ぎた平成28(2016)年3月27日
北多摩二区吟剣詩舞道連盟の吟詠コンクール大会、二回目の参加。
私は 『山房春事』 吟番号110番、一般二部でした。

驚いたことに、青年・一般の参加者113名のうち
『山房春事』 を 選んだ人は 私の他一人しかいませんでした。
その方は一般三部で三位に入賞されました。

起句の 飛鴉 ひあ を ひあ と言ったつもりでも
ひやに聞こえてしまうため選ばれなかったようです。

岑 参 は715~770年、盛唐の時代に生きた人・・・
私は言葉数が少なく、息が続きそうだと思って選びましたが、
寂れた、かつての王家の庭で樹木だけが元気に育っている
風景が目に浮かぶようで、良い詩だと思っています。
一回目の参加では足がふるえましたが、そう言えば
二回目はふるえなかったな~と、嬉しく思いました。
転句の前半で音程が上ってしまったとのことです。

9月19日、選びぬかれた吟者たちの 全国決勝大会 が あり
みごとな吟を聴かせていただきましたが、句によって
もともと華やかさがある句と、そうでない句とがあり、
華やかな句の方が聴き映えがするかも?と思いました。
全国大会では 『山房春事』 を 吟じられた方が4名で
そのお一人が一般二部で6位に入賞されていました。

平成28年度の青年・一般の部 指定吟題は次の10句でした。 
・海南行     細川頼之
・桜祠に遊ぶ     広瀬旭荘
・花朝 澱江を下る       藤井竹外
・峨眉山月の歌       李白
・桑乾を渡る      賈島
・山間の秋夜      真山民
・諸生と月を見る      中江藤寿
・獄中の作      橋本左内              
・山房春事       岑 参
・中秋 月を見る       王 建




     【コンクール】
  地域のコンクールに初参加





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?