FC2ブログ

王 勃 の 『 蜀中九日 』

中国の絶句
03 /16 2019
絶句編テキスト
2019年3月16日 絶句編 104ページ  

   蜀中九日      王 勃 
 九月 九日 望郷台
 他席 他郷 客を 送るの 杯
 人情 已に 厭う 南中の 苦
 鴻雁 那ぞ 北地より 来る

   
 しょくちゅうきゅうじつ    おう ぼつ
くがつ ここのか ぼうきょうだい
たせき たきょう かくを おくるの はい
にんじょう すでに いとう なんちゅうの く
こうがん なんぞ ほくちより きたる

テキストの通釈によると、
九月九日の重陽の節句に、故郷をしのんで
望郷台に登り、他郷において、よその宴席で
友の旅立ちを送る杯を酌みかわす。
私の心はもう蜀の地での暮らしの憂さに、つくづく
嫌気がさしているのに、なぜあの雁は、わざわざ
北の地を捨ててこちらへ飛んでくるのだろう
 
     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
王 勃(649‐676)は、初唐の詩人。
楊炯(ようけい)(650‐695?)、盧照鄰(ろしようりん)
(637‐689)、駱賓王(らくひんのう)(640?‐684?)ら
とともに、初唐詩人の四傑と言われた。
18才で進士に合格し、高級官僚になったが、
政府を批判する檄文を書いたために、四川に
左遷されたのか、それとも自ら旅をしたのか
不明ではあるが、その時に書いた詩で、
20代半ばの作と思われる。
当時は、唐三代の皇帝・高宗の后である則天武后が
賢い臣下を次々に排斥している時代であった。
父親がベトナムに流され、王勃もベトナムに向かう
途中で、船が沈没し、29才で死亡した。

九月九日 : 重陽の節句。高台に登って酒を飲み、
     災厄を除く風習がある。
望郷台 : 玄武山(蜀の東部)にある高台の名。
     玄=北(北の方にある)で、隋の蜀王秀が四川省
     成都城北の九清里(きゅうせいり)に築いたもの。 
他席他郷 : よその土地での宴席。          
送客杯 : 旅人を送る別離の杯。この時、旅に
     出たのは邵照鄰(しょうたいしん)だったらしい。   
已 厭 : もうあきあきしてしまった。
南 中 : 広く南方の地をさす。ここでは蜀地のこと。
 那  : どうして。疑問詞

     ★  ★  ★

中国では、
★ 奇数→陽、偶数→陰である。
★ 五節句、1月7日 人日(じんじつ)
     3月3日 上巳(じょうし)→桃の節句
     5月5日 端午(たんご) 
     7月7日 七夕
     9月9日 重陽(ちょうよう)→菊の節句
        厄除けのかわはじかみ(ぐみ)の実を
        髪に挿し、菊の花を浮かべた酒を飲む
   ・・・ とのことです。


   

    【 中国の絶句 】
   駱 賓王 の 『 易水送別 』






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?