FC2ブログ

6回目の夏季温習会 律詩『 静御前 』

夏季温習会
08 /04 2019
令和元年度の夏季温習会が、練馬区の
『ホテルカデンツァ光が丘』でありました。
尺八伴奏は、五十嵐 明 先生です。

プログラムは、
  第一部 温習会
    開会のことば
    会詩合吟
    会長あいさつ
    宗家あいさつ
    会員吟詠


1、絶句一題
2、絶句一題
3、絶句一題
4、律詩 本能寺     頼 山陽
5、村 夜      白 居 易
6、立山を望む       国分 青厓
7、和歌入り律詩 静御前     頼 山陽
8、律詩 児島高徳桜樹に書するの図に題す   斉藤 監物
9、名古屋城      松口 月城
10、元二の安西に使いするを送る     王 維
11、武野の晴月      林 羅山
12、独り敬亭山に坐す      李 白
13、富 嶽       乃木 希典
14、時に憩う      良 寛
15、百人一首 第七十九首 秋風に   左京大夫顕輔
16、律詩 逸 題       橋本 左内
17、中 庸       元田 東野
18、律詩 赤馬が関懐古      菅 茶山
19、律詩 前兵児の謡       頼 山陽
20、百人一首 第三十六首 夏の夜は   清原深養父
21、和歌入り 母を奉じて嵐山に遊ぶ    頼 山陽
22、百人一首 第五首 奥山に     猿丸 太夫    
23、律詩 秋思の詩       菅原 道真
24、民謡吟詠 相馬の秋      瓜生田山桜

宗家講評と模範吟  松岡萠洲 先生
   六行詩と新体詩 『冑山の歌』      頼 山陽

 
  第二部 懇親会
   乾杯・宴会
   舞・淡墨桜(歌・テープ)
   舞・武田節(歌・テープ)
   閉会の言葉・手締め



     ◆  ◆  ◆


私は、入会して6回目の夏季温習会で、
7番目、和歌入り律詩 『静御前』 でした。

5回目は、 『春日山荘 』 有智子内親王 作
4回目は、 『奥羽道中』 榎本武揚 作  
3回目は、『西南の役陣中の作』 佐々 友房 作 
2回目は、『 雲 』   大窪 詩仏 作 
1回目は、『金鏤の衣』 杜秋娘 作 でした。





   【夏季温習会】
5回目の夏季温習会、律詩『春日山荘』
 


 



    
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?