FC2ブログ

坂井虎山 の 『 泉岳寺 』

日本の絶句
11 /30 2017
絶句編テキスト
2017年11月30日 絶句編 58ページ  

   泉岳寺    坂井虎山 
 山嶽 崩すべし 海 翻えすべし
 消せず 四十七臣の 魂
 墳前 満地 草苔 湿う
 尽く 是れ 行人 流涕の 痕
   
 せんがくじ/strong>   さかい こざん
さんがく くずすべし うみ ひるがえすべし
しょうせず しじゅうしちしんの たましい
ふんぜん まんち そうたい うるおう
ことごとく これ こうじん りゅうていの あと


テキストの通釈によると、
世には転変地異というものがあり、
不動不変と思っている山さえ崩れることもあり得るし、
果てしなく広々した海でもひっくり返ることもあり得る。
だが、四十七士の魂は永久に消滅することはないのである。
今この墓前にぬかずけば、地上一面に草や苔がしっとりと湿っている。
これこそは墓参の人々が、義士のために流した涙の跡なのである

     ・・・とのことです。

先生のお話によると、

坂井虎山(1798~1850)は、江戸時代末期の儒学者。
名は華、通称は百太郎。
祖父の代から、安芸国広島藩儒の家柄であった。
幼い頃から広島藩校学問所(現修道中学校・修道高校)で
父の同僚であった頼春水に学び、春水亡きあと、
1825年に28才で藩校学問所教授となる。

32才の春、京都に戻っていた頼山陽を訪ねて、
弟子となる。山陽の亡き後、江戸に出て、
藩邸に滞在中、この詩を作った。その後、
江戸から帰国し、広島にて家塾《百千堂》を
開き多くの門人が集った。53才で亡くなる。

虎山の文章は、当時流行した宋詩とは異なり、
個性や感覚を強調しない古典的なものとされる。

虎山が生まれた時、広島に戻っていた頼山陽が
父の積(東派)を家に見舞い、赤ん坊の様子を見て
将来必ず「英物」となるだろうと予言した、という。


泉岳寺 : 港区芝高輪の名刹であるが、四十七士の
   墓があることにより、一層有名になった。
四十七臣 : 大石良雄以下四十七士。    
満 地 : 地上一面。
行 人 : 往来する人。
   ここでは参詣(さんけい)する人のこと。
流 涕 : 流した涙。

           

★ 泉岳寺は、青松寺・総泉寺とともに
  曹洞宗・ 江戸三箇寺の1つで、山号は萬松山。
  徳川家康が創建した寺で、寛永の大火で焼失したが、
  徳川家光の命で、現在の高輪の地で再建された。

  赤穂事件で有名な浅野長矩と赤穂浪士が葬られている。
  長矩の正室、実弟の浅野長広(大学)ら墓所もあり、
  赤穂浅野家の江戸表における菩提寺ともなっている。

  境内には学寮があり、吉祥寺、青松寺の学寮と統合し、
  駒澤大学になったが、現在でも僧侶は境内の学寮で
  共同生活を行いながら大学に通学している
         ・・・ とのことです。





    【 日本の絶句 】
   菊池 渓琴 の 『三樹の酒亭に遊ぶ』






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?