FC2ブログ

吉田松陰 の 『 辞 世 』

日本の絶句
05 /31 2018
絶句編テキスト

2018年5月31日 絶句編 82ページ  

   辞 世    吉田松陰 
 吾 今 国の 為に 死す
 死して 君親に 負かず
 悠々たり 天地の 事
 艦照 名神に 在り 
   
 じせい    よしだ しょういん
われ いま くにの ために しす
しして くんしんに そむかず
ゆうゆうたり てんちの こと
かんしょう めいしんに あり

テキストの通釈によると、
今、私は国のために命を捨てようとしている。
(私の行ったこと考えたことは、いっさいが
 国の前途を思ってのことであって、そこに
 一片の私情もさしはさんでいない)
志半ばで処刑されても、天子・両親に背くところは
少しもないと信ずる。悠々とした天地の間に於ける
さまざまな人間の歴史の中で、後世に残るものと
言えば、自己のすべてを捧げて行った私心なき
忠誠である。この忠誠こそは神明が照覧されて
いることであるから、私は何等の後悔の念もなく、
従容として死につくことが出来る
 
     ・・・とのことです。

先生のお話によると、
吉田松陰(1830~1859)は、長州藩士・杉百合之助の次男。
山鹿流兵学師範の叔父・吉田家の養子となり、兵学を修める。
1835年にその叔父が死亡し、別の叔父・玉木文之進が開いた
松下村塾で指導を受け、9才で明倫館の兵学師範に就任。
11才のとき、藩主・毛利慶親への御前講義をして、
才能が認められた。19才で萩藩請校・明倫館師範となる。

1850年、九州に遊学した後、藩主に従って江戸に出て
佐久間象山らに学ぶ。
1852年、東北旅行を計画、出発日の約束を守るため、
長州藩からの通行手形の発行を待たずに脱藩。
江戸に帰って士籍剥奪・世禄没収の処分を受けた。

1854年、ペリーが日米和親条約締結のために再航した折、
金子重之輔と2人で、密航しようとしたが失敗し捕えられ、
国許蟄居となり、翌年、杉家に幽閉の処分となる。

1857年、叔父が主宰していた松下村塾の名を引き継ぎ、
杉家の敷地に松下村塾を開いた。ここで、松陰は
久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋らを教えた。

1858年、幕府が日米修好通商条約を締結したことを激怒。
条約破棄と攘夷の実行を画策するが受け入れられず、
倒幕の考えにも至り、長州藩に、野山獄に幽囚される。

1859年、梅田雲浜が幕府に捕縛され、雲浜が萩で
松蔭に面会していることなどから、安政の大獄に連座。
萩から江戸に檻送されて伝馬町牢屋敷に投獄され、
伝馬町牢屋敷にて、斬首の刑となった。
享年30(満29才)の若さであった。

★ この詩は、刑死の7日前に郷里に送ったものである。
★ 松蔭は、広瀬淡窓と並んで吟詠家の先達と言える。
★ 萩に松蔭神社があるが、世田谷にもある。

   ◆   ◆   ◆

辞 世 : (この世に別れを告げて死ぬこと)
   死に際に感想などを詠んだ詩や歌など。     
艦 照 : 映し照らすこと。明らかに見分けること。
名 神 : あらたかな神。

     ・・・ とのことです。




     【 日本の絶句 】
   西郷南州 の 『亡友月照十七回忌辰の作』








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?