FC2ブログ

岩渓裳川 の 『 松島 』

日本の絶句
08 /25 2018
絶句編テキスト
2018年8月25日 絶句編 93ページ  

   松 島     岩渓裳川 
 水寺 茫々 日墓の 鐘
 驚濤 万丈 詩胸を 盪かす
 海竜 窟に 帰って 金燈 滅す
 雨は 余醒を 送って 乱松に 入る
   
  まつしま   いわたに しょうせん
すいじ ぼうぼう にちぼの かね
きょうとう ばんじょう しきょうを うごかす
かいりゅう いわやに かえって きんとう めっす
あめは よせいを おくって らんしょうに いる

テキストの通釈によると、
海辺の寺(瑞巌寺)の夕暮れの鐘が、
広々と果てしない海上に響き渡り、逆巻く
万丈の大波は、わが詩情を激しく揺り動かす。
 (詩を無性に作りたくなる)
海竜も岩穴に帰って(民間信仰があった)、
かがやく竜灯も消えてしまい、真っ暗な夕闇を
雨がなまぐさい竜の臭いの名残りを送って、
島々の入り乱れた松の木立に吹き込んでいる
     ・・・とのことです。

        ◆   ◆   ◆

先生のお話によると、
岩渓裳川(1852~1943)は明治・大正・昭和にかけての漢詩人。
兵庫但馬(福知山)の人。本名は晋(すすむ)幼時、父に素読を学ぶ。
明治6年に上京し、森春涛(しゅんとう)の門に入り、詩を学ぶ。

詳細はよく分らないが、文部省の官吏をしていた時
永井荷風の父親と知り合い、荷風に『三体詩』の
講義をしたりしていたという。
詩は杜甫・白居易を尊び、著書に裳川自選稿5冊がある。
二松学舎の教授、芸文社の顧問となり、昭和18年、92才没。

国分青厓(昭和19年、88才没、大東文化学園教授)
と共に、詩壇の双璧と言われた。

          ★  ★  ★

松 島 : 宮城県にある仙台湾の支湾一帯の景勝地。
   260余の小島があり、日本三景の一つ。 
水 寺 : 水辺の寺。瑞巌寺(ずいがんじ)をいう。
   臨済宗・妙心寺派。仙台市内にも瑞巌寺があり、
   二寺とも、伊達家代々の菩提寺。
茫 々 : 広く遠いさま。
驚 濤 : 逆巻く大波。怒濤。
金 燈 : 金色に輝く灯。海中の鬼火で、竜が捧げるという。 
余 醒 : あとに残るなまぐさい臭気。竜の体臭のなごり。
   竜宮城で竜が灯を燈しているといわれる。
乱 松 : 入り交じっている松。秩序なく生えている松。
   松島の一帯に松が植えられている。

★ この詩は、昼間とは違ったものすごさのある夜の風景を詠っている。
★ 日本三景 : 天の橋立、安芸の宮島、仙台の松島
     ・・・ とのことです。




     【 日本の絶句 】
   乃木希典 の 『 富嶽 』








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?