FC2ブログ

王維 の 『鹿柴』

中国の絶句
02 /24 2017
続絶句編 250  
 2017年2月17日 続絶句編 122ページ

   鹿 柴    王 維
 空山 人を 見ず
 但 人語の 響きを 聞く 
 返景 深林に 入り 
 復 青苔の 上を 照らす

    ろくさい    おう い
     くうざん ひとを みず    
     ただ じんごの ひびきを きく
     へんけい しんりんに いり
     また せいたいの うえを てらす


テキストの通釈によると、
  シーンと静まりかえった山には、人影一つ見えない。
  だが、どこからともなく人の話し声が聞えてくる。
  夕日の光が、深い林の中に差し込んで来て、
  木の根元の青い苔を照らしている。


先生のお話によると、
  王維 は、31才で宗之問の別荘を購入。
  輞川荘と呼ばれたこの別荘は広大な敷地を有していた。
  鹿柴とは、鹿の角のように竹や木を組み、鹿を飼うための柵。
  
  王維は、裴迪と唱和して 『輞川20景』を作詩した。
  『鹿柴』は、20景のうちの《その5》である。
  ちなみに《絶句編》112ページの『竹里館』は《その17》である。
  裴迪(はいてき) は、716年生まれで、没年は不明。
  王維より10何才か年下であったが、無二の親友であった。

  王維の『鹿柴』に唱和した 裴迪の詩は次のようである。
     日夕 寒山を 見る
     便ち 独往の 客と 為る
     松林の 事を 知らず
     但だ 麏麚の 跡 有り
       にっせき かんざんを みる
           すなわち どくおうの かくと なる
           しょうりんのことを しらず
           ただ きんかの あと あり


    ・・・とのことです。

 ※ 上記、裴迪の詩については こちら でも ご覧いただけます。
  
 ※ 酒を酌んで裴迪に与う   王維 作
    こちらこちらこちら で ご覧いただけます。    


  【 中国の絶句 】
 王維 の 『雑 詩』 






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?