FC2ブログ

李 白 の 『清平調詞 その一』

中国の絶句
03 /31 2017
続絶句編 250  
 2017年3月31日 続絶句編 126ページ

  清平調詞 その一   李 白
 雲には 衣裳を 想い 花には 容を 想う 
 春風 檻を 払うて 露華 濃かなり 
 若し 群玉 山頭に 見るに 非ずんば
 会ず 瑶台 月下に 向って 逢わん

    せいへいちょうし そのいち    り はく
     くもには いしょうを おもい はなには かたちを おもう    
     しゅんぷう かんを はろうて ろか こまやかなり
     もし ぐんぎょく さんとうに みるに あらずんば
     かならず ようだい げっかに むかって あわん


テキストの通釈によると、
雲を見れば楊貴妃の美しい衣裳が目に浮かび、
牡丹の花を見れば貴妃の美貌が連想される。
春風は沈香亭の手すりを吹き抜け、
牡丹を濡らす美しい露はあでやかだ。
これほどの美人は、群玉山のあたりで
見かけるのでなければ、瑶台の月明かりの
もとでしか巡り合えないだろう。


先生のお話によると、
楽府には、清調・平調・瑟調の三つがあって、
清平調とは、この内の清調と平調を合わせたもの。
中国で花といえば牡丹の花のことで花王である。
群玉山とは、玉山ともいう。中国神話上での
女神である西王母(せいおうぼ)の住む山で、崑崙山など
中国の西の果てに仙人が住んでいるといわれている。
瑶台とは、仙人のいるところ。

政務が行われた興慶宮(こうけいきゅう)の中、南に庭園があり、
竜池の近くにあった沈香亭(ちんこうてい)でたびたび宴会を行った。
この頃になると玄宗皇帝は政治に身が入らなくなり、
安禄山の乱などがおこる。

李白は、25才で放浪。
35才で、再び放浪。
42才で、玄宗皇帝に呼ばれて仕えることになる。
翰林供奉(かんりんぐぶ・秘書官)という皇帝に申言できる
役ではあったが、実際には宴会の席で歌を作る役で
李白はばかばかしくなって酒びたりの生活をしていた。
ある時、酒を飲んでいると玄宗皇帝から沈香亭に呼ばれ
楊貴妃を讃える(持ち上げる)歌三題をたちまちに作った。
それが、清平調詞 その一、その2、その3である。




  【 中国の絶句 】
 李 華 の 『春行して興を寄す』 






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?