FC2ブログ

4回目の総会、正岡子規 『春日家に還る』

総会温習会
04 /29 2017
続絶句編 250  
 2017年4月29日 続絶句編 58ページ  総会温習会

平成29年4月29日、
総会と、総会温習会がありました。

平成29年度 総会温習会のプログラムは、
1、富士山
2、時に憩う
3、烏衣港
4、春日家に還る
5、熊本城
6、熊本城
7、花を惜しむ (休)
8、絶命の詞  (休)
9、太田道灌蓑を借るの図に題す
10、桜祠に遊ぶ
11、楠公を詠ず
12、長 城
13、常盤孤を抱くの図に題す
14、中 庸
15、河内路上
16、中秋の月
17、熊本城
18、九段の桜
19、嵐山に遊ぶ
20、花を惜しむ
21、事に感ず
22、感有り
23、春を探る
24、春夜洛城に笛を聞く

25、胡隠君を尋ぬ  松岡萠洲 先生 模範吟 


    ◆    ◆    ◆
  

私は3回目の総会温集会で、4番 『春日家に還る』でした。

  春日家に還る    正岡子規
車に 乗り 馬に 騎って 早く 帰り来る
一たび 双親に 謁すれば 喜び 自から 催す
処々 鶯 啼いて 春 海に 似たり
故園の 芳樹 吾を 待って 開く


    しゅんじつ いえに かえる   まさおか しき   
   くるまに のり うまに のって はやく かえりきたる
   ひとたび そうしんに えっすれば よろこび おのずから もよおす
   しょしょ うぐいす ないて はる うみに にたり
   こえんの ほうじゅ われを まって ひらく


 ◆テキストの通釈によると、
車に乗り、或いは馬に騎って、
急いで家に帰って来て、両親の顔を見ると、
自然と喜びが湧き上がってくる。
帰りの道々、また家の回りの到る処に鶯が啼いて、
目に映る春の様子は海にも似て爛漫である。
ふるさとのわが家の木々が、自分の帰郷を
待っていたかのように花を美しく付けている。

   ・・・とのことです。

 ◆先生のお話によると、
この詩は、正岡子規が12才の時に作った
課題作(題詠)であるため【双親】としているが、
子規は5才で父を亡くしている・・・とのことです。




   【総会温習会】
  3回目の総会、木下犀潭 『壇の浦夜泊』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?