FC2ブログ

山崎 闇斎 の 『 感 有り 』

日本の絶句
05 /30 2017
絶句編テキスト

2017年5月30日 絶句編 34ページ  

   感 有り    山崎 闇斎
 
坐に 憶う 天公の 世塵を 洗うを
雨 過ぎて 四望 更に 清新 
光風 霽月 今 猶お 在り
唯 缺く 胸中 酒落の 人 
   
         かん あり   やまざき あんさい
     そぞろに おもう てんこうの せじんを あろうを
     あめ すぎて しぼう さらに せいしん
     こうふう せいげつ いま なお あり
     ただ かく きょうちゅう しゃらくの ひと


テキストの通釈によると、
何とはなしにお天道さまが、人間の世の塵を
すっかり洗い清めて下さったかと思われるぐらい、
一雨過ぎたあとの、あたりの眺めというものは、
面目一新、なんと清らかで気持の良いことであろうか。
(かつて黄庭堅こうていけんが、周 濂渓しゅうれんけいを称して
『光風霽月のごとし』といったが、まさにそのとおり)
さて、光風霽月は今なお見られるが、
今の世には、それに比べられるような胸中の
さっぱりした人物が欠けている。
まことに残念なことである。


先生のお話によると、
山崎闇斎(1619~1682)は、江戸時代初期の儒学者・神道家。
生誕地は、京都、近江などの説がある。
幼い頃からわんぱくでお寺に入れられた。
比叡山・妙心寺に入り、僧の修業をし、土佐に移って、
土佐南学派の谷時中に朱子学を学ぶ。
25才で還俗し、儒学者となり、京都・上京区に家塾
(闇斎塾)を開き、公家から諸侯、平民まで幅広く教える。
朱子学の中で、崎門きもん学派の創始者で
6千人余の門人がいた。65才で亡くなった。

            

坐 憶 : 何となく考える。 『坐』は「そぞろ」と読む。

天 公 : おてんとうさま。単に天の意と解してもよい。

四 望 : 四方。 あたりを眺める。

光風霽月 : さわやかな風。雨後の清らかな月。心中が高明で、さっぱりと清らかなのに例える。『霽』は晴れる、さっぱりする意。

酒 落 : さっぱりしていて、物事にこだわらないこと。

黄庭堅
: 北宗の詩人(山谷堂人)で、23才で進士に合格し歴史・教育などの職についた。蘇軾の門下生だったため重要なポストには就かなかった。

周 濂渓 : 北宗の思想家で、宗学(儒学)の開祖。朱子学の考え方の元になる。






    【 日本の絶句 】
   石川 丈山 の 『 富士山 』






スポンサーサイト



コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?