FC2ブログ

高 適 の 『 董大に別る 』

中国の絶句
06 /23 2017
続絶句編 250  
 2017年6月23日 続絶句編 137ページ

   董大に 別る   高 適
 十里 黄雲 白日 曛し 
 北風 雁を 吹いて 雪 紛々
 愁うる 莫かれ 前路 知己 無きを 
 天下 誰人か 君を 知らざらん

    とうだいに わかる
  こう せき
じゅうり こううん はくじつ くらし
ほくふう かりを ふいて ゆき ふんぷん
うれうる なかれ ぜんろ ちき なきを
てんか たれびとか きみを しらざらん


テキストの通釈によると、
十里四方に、たそがれどきの雲が垂れこめ、
太陽の光も薄暗い。北風は、南に飛ぶ雁を
吹き飛ばし、雪がしきりに降りしきる。
旅先には、誰も知己がいないなどと心配しなさるな。
天下のいたるところ、君のことを
知らないものはいないのだから・・・


先生のお話によると、
高 適(696又は707~765) は、盛唐の詩人で、
辺塞詩が多い。この詩は絶句編111ページ 王維の
『元二の安西に使いするを送る』とともに
代表的な送別詩として知られている。

若い頃は、博徒と一緒に遍歴したり、
10数年間、戦いにいったりして、
吐蕃(どばん・古代チベット)とも戦っている。
この詩は、まだ出世していない頃、
辺境に従軍していた時のものであろう。
50才の頃に高級官僚(有道科)になる。
50才を過ぎて本格的に漢詩を作るようになり
李白とも親しくなって、学んだりした。

董 大 は、琴の名手の 董 庭蘭であるという。
   ≪大≫は、排行で一番目の男。
黄 雲 は、たそがれ(黄昏)どきの雲。
   黄 雲 に 対して 青 雲 がある。
白 日 は、真昼の太陽。
紛 々 は、多くのものが入り乱れるさま。
知 己 は、親友。





  【 中国の絶句 】
 李 白 の 『廬山の瀑布を望む 』 







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して六年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?