FC2ブログ

岑参 の 『山房春事』

中国の絶句
07 /28 2017
続絶句編 250  
 2017年7月28日 続絶句編 142ページ

  山房 春事   岑 参
 梁園 日暮 飛鴉 乱る
 極目 䔥条 三両家
 庭樹は 知らず 人 去り尽くすを
 春 来って 還 発く 旧時の 花 

   さんぼう しゅんじ
  しん しん
   りょうえん にちぼ ひあ みだる
   きょくもく しょうじょう さんりょうか
   ていじゅは しらず ひと さりつくすを
   はる きたって また ひらく きゅうじの はな


◆テキストの通釈によると、
 梁王の築いたという庭もすっかり荒れ果てて、
 夕暮れどきには鴉が乱れ飛んでいる。
 見渡す限りものさびしく、ただ二・三の民家があるばかりだ。
 庭の樹は、昔の人が全て死に絶え、時が移り変わっていることも知らず
 春になれば、また昔ながらの花を咲かせている。

    ・・・とのことです。

先生のお話によると、    
山 房 : 山の中の家。一説に、梁園の廃墟に
   建てられた開元寺かいげんじをさすといわれる。
   開元寺は、国家の祭務を行うため、
   玄宗皇帝の命令で各州に設置された
   官寺として、738(開元26)年に建てられた。
   岑参は、寺が出来てまもなく立ち寄ったと思われる。
春 事 : 春興という意。春の風情。
梁 園 : 前漢時代、梁の孝王が、多くの賓客を
   集めて遊んだ別荘。竹園でもあった。
   孝王は、前漢3代 文帝の次男。文学好きで、
   多くの文士や学者らが招かれた。    
極 目 : 見渡す限り。
䔥 条 : ものさびしいさま。
旧時花 : 昔ながらの花。 

岑参(715~770)は、約900年前のことを懐古しながら
この詩を、二首連作・その2として作っている
     ・・・とのことです。
   
 ◆  ◆  ◆

地域のコンクール二回目の参加
私が指定吟題の中から選んだのが、
この『山房春事』 でした。




  【 中国の絶句 】
 岑参 の 『京に入る使に逢う』







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 詩吟もえ子

お稽古に参加して七年目です。
皆さまもご一緒にいかがですか?